飯島正広 〜 世界の動物たち 〜

写真の森 フォレスト

ストックフォト(写真・動画素材)、オリジナルプリントのオンラインショップをご利用ください。
写真の森 フォレスト

キクガシラコウモリ

廃坑のご常連のキクガシラコウモリはまだ完全に眠っている個体と、半分眠りについているように見える個体が半々でした。でも眠っている個体がやはり多いようです。薄目を開けて見ている個体も居て中には飛べる個体も居ます。こんなコウモリたちの姿を見て、自分も冬の動かないときには冬眠に入れたら良いなあと思いました。そして起こしてしまわないうちに廃坑をあとにしました。

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ユビナガコウモリ

昼間でも気温が10度近くとなってきて森の中でコウモリの姿を見ることもできません。今年のコウモリの活動は終わりに近づき、長い眠りにつく頃でしょうか?穴の中での活動の様子を調べるため近くの穴に向で調べました。ここはいつもユビナガコウモリが入っていますが、今日は少し数が多く75プラスαでしょうか。完全に冬眠状態で起きる気配がありません。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

とうとうやってきました

昨日までの雨がとうとう雪になったようです。昼になっても消えませんでしたが、これで根雪になるわけではありませんが初冬の始まりです。カレンダーもあと2枚になってしまって、あっという間の1年の終りが近づいてきます。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

尖閣生態調査ーセンカクモグラ

環境省が尖閣列島の年内環境調査をすることが決まったそうですが、なんと衛星からの写真解析で上陸はしないそうです。アホウドリや植生調査も高細精の画像で済ませるとのことですが、センカクモグラなどの調査は上陸しなければできませんからどのようにして行うのでしょうか?嘘も100回言えば真実になるということを実践している彼の国に配慮してのことでしょうが、このような国の元首を国賓として招くという、馬鹿なことを考えている自分の国のアホさ加減に呆れるばかりです。写真は現存するセンカクモグラの唯一の標本でこの頃は自分の領土ですからちゃんと調査ができたのですね。標本は九州大学で撮影させてもらいました。そして標本捕獲時の調査の話などを、調査された九州歯科大の荒井先生から興味深くお聞きしました。詳しくは自著をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

これで2回目

これだけ村内でもツキノワグマが出ているので旅から帰ってきて、撮影しようと思いカメラを森に置いています。置いて数日たち電池等の交換で林道に向かいましたが、セットしたカメラがありません。場所は間違いないのにやららてしまったのでしょうか?まあ人がまず入ってこない林道ですので、と思って探しますが見つかりません。盗難の恐れもあるので村の駐在さんにも連絡しました。二人で藪の中を探すと見えないところで放り投げられたカメラを崖近くで見つけました。いたずらか将又クマかサルか、、、とりあえずカメラは見つけましたから安堵し、駐在さんにも感謝しました。やはり縛って置かなければだめですね。このところサルの群れを見かけるし美味しいものができ始めていますから、そのついでにおもちゃにされたのかもしれません。前回やられた時はカメラがとうとう見つかりませんが、今回は不幸中の幸いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

落ちたドングリを食べるツキノワグマ

あちこちでクマのニュースが出ています。そんな訳で今日は在庫からですが落ちたドングリを食べるツキノワグマです。スタジオのすぐ裏の林道で当たりをつけ、ツキノワグマが出るのを待ちました。待って数時間クマ棚の作り主がやってきました。距離は30メートルくらいでしょうか。もちろんツキノワグマはこちらを認識しています。しかしそれにもまして食い気の方が勝っていたようです。チラ見されながら敵意がないのを感じ取ったのか、ゆうゆうとまた森に帰ってゆきました。なかなか大きくてきれいなクマでした。時々カメラの前に現れてモデルになってくれました。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

コナラのドングリ

今年はドングリの凶作とのことですが、スタジオの周りのコナラにはたくさんのドングリがついていました。昨日載せた樹に寄ってみますとまだかなりの枝に実がついています。他の樹になりが少ないのかはクマに聞いてみないとわかりませんが、それでも他の木を見ても実はついているようです。しかし台風で揉まれたのかかなりの数の実が落ちているのも事実です。まあそれらはリスやネズミの餌になりますから構わない話ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

クマ棚

ツキノワグマがどんぐりを食べるために枝を折って作ったのがクマ棚です。まだスタジオの周りは 紅葉が気持ち始まったばかりですが、クマ棚はそこいらじゅう目にします。あれだけ太い枝を折ってしまう怪力はさすが本州最大の獣のなせる技と言えるでしょう。よほどこの木が気に入ったようでおそらく毎晩出ていたと推測されます。それにしても今年の紅葉はあまり期待できそうではありません。山の上の方は赤くなり始めていますが、台風の塩水の影響か色がくすんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

庭には大きな忘れ物

島から帰ってきて早々草刈りやら片付けやらが溜まっています。奥山は雪がちらついたようでいよいよ冬が近いです。庭の片隅で見つけたのはツキノワグマの糞です。庭には大きなクルミの木がありますからそれを貰いに来たのでしょう。しかも2箇所山盛りになっていますからたらふく満腹したのでしょう。まあこれでイノシシとシカが出ればスタジオの庭は、日本の大方の獣が住んでいるというより闊歩している格好のスタジオになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

恐竜先生

そう遊んでばかり居られないので道を急ぎました。途中群馬自然史博物館の名誉館長の長谷川先生のところに寄りました。先生は群馬から退官され今度は故郷の博物館の顧問に就任。相変わらずの学究制作に勤しんでいます。このお歳にしてますますのご活躍、見習わなければいけない頼もしい限りです。群馬の自宅もそうでしたが書籍や資料で、ここでも足の踏み場も無い状態でした。

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

イヌワシ−6

この日最後に塒に飛び込んできたのは2羽でした。しかも私達の目の前です。距離にして50mくらいでしょうか、かなり日が落ちて暗いですが、もちろん回しています。この日もストレスのないロケでした。立ち位置の真下でしたから脚を縮めての撮影です。こんなときにもフレキシブルなファインダーでないと苦労しますね。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

イヌワシ−5

この日の夕暮れ近くになってイヌワシの親子が並ぶ風景が撮影できました。距離があるのでデジタル併用で35mm換算で6400mm相当ですが、なかなかこんなチャンスはないので、あとでクロップするよりはその場でx4倍のユラユラですが回しています。いつも云うように生態写真は写っている生態そのものが命なので、正直画像のスペックよりも、伝える情報のほうが優先されます。こうなるとますますブラマの12Kカメラが欲しくなりますね。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

イヌワシ−4

若鳥の白紋がきれいです。噂に違わずイヌワシの若鳥が親に餌を狙っては移動していました。しかしそう簡単に餌が採れるほど甘くはありませんでしたが、ファインダー越しに餌をねだる幼鳥が飛び込んできました。成鳥も餌を求むるべく上空を探し回ってくれて、非常にストレスのないロケです。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

イヌワシ−3

前の日の出の情報が流れたのでしょうか、この日の車列は倍に膨らんでいました。天気もさらに安定してきました。そこでこの日は動画に切り替えてのロケとなりました。レンズは800mm+マイクロ3/4ですからファインダーから外すと再度入れるのが苦しいコンディションですが、狙ってみました。ワシの鷹柱もそうですが、指標がない天空では、引いといて寄りが捕れるzoomレンズの方が威力を発揮してくれます。しかし距離もあるので800mmを使って撮影しました。こおゆうときはFD150-600の引き戸フォーカスが最高ですが、寄るつもりがありませんでしたから持ってきていません。右手でパン棒左手でフォーカスができます。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

イヌワシ−2

この日1−2時間おきでしたが、何度もイヌワシは現れてくれました。距離があっても目の前に出てきてくれるだけでもやりがいがあるというものです。ほとんど徹夜状態で待っていても、何も現れない今回の旅よりはマシに決まっています。画像は少し甘ピンですが、この日目の前で繰り広げられたハンティングの様子です。裏山から現れたオスが突然ヤマドリでも見つけたようで、目の前で追いかけ始めました。ハヤブサより早い急襲という言葉が当てはまるハンティングでした。画面はレベルが狂っているわけではありません。まさにこの状態で襲ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Powered by WordPress