飯島正広 〜 世界の動物たち 〜

写真の森 フォレスト

ストックフォト(写真・動画素材)、オリジナルプリントのオンラインショップをご利用ください。
写真の森 フォレスト

ヒナコウモリ

なぜこの場所がわかったかというと、糞が落ちているその上を見上げたとき、何頭かのコウモリが闇のシルエットの中でコンクリートの中に吸い込まれていったからなのです。え!と思って見ていると、都市の住宅に入り込むイエコウモリとは、体型もも大きく飛び方もより早く力強いのです。持参しているバットディテクターで音声を測ってみると、20KHZあたりで啼いていてイエコウモリとは周波数が違うことから当然種類が違うと考えたわけです。論文でそのような場所があることは知っていましたが、森の中だけでここのところ調査していましたから、このような環境での撮影は初めてになりました。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

現場ーこんなところに!

まあこんなところにコウモリが居るとは普通は考えないでしょう。論文で埼玉に同じような場所に彼らが多数いることは知っていましたが、スタジオの近くのこのような場所でもコウモリたちが生活していたなんて灯台下暗しです。しかもその数が推定ですが尋常ではありません。埼玉あたりでは4000頭近く生息していることがわかっていますから、合わせたらかなりの数が生息していることになります。

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

鉄ちゃんになってる

ここのところ鉄ちゃんになって鉄道施設に通っている。汽車でも撮っているのかと?突っこまれそうですがそうではありません。ことのはじめは友人が、ヤマコウモリらしい大型のコウモリがよく飛んでいるという話から始まりました。県内の小さなダム湖に行ったのですが、時間が過ぎてもヤマコウモリはその時は見つかりませんでした。しかし帰りしなとある新幹線の橋脚を通ると、ムフフとなったのです。そこには無数の見慣れた糞が落ちていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

退場

南の島で4K撮影をしていた早朝5時半のことです、それほど気温が上がっていない中で、このときはスマホでの4k撮影だったのですが、ご覧のような表示になって止まってしまいました。近頃のS社の製品はスチールのカメラでも同じように北の森での撮影中、−15度の中でも止まってしまいました。これではいくら高画素高感度でも単なるゴミにしかなりません。そこで宣伝とかアドバイスしている人がいますが、本当にカメラを使っているのでしょうか?電池は持たないし、それでいて値段は飛び抜けていますから、ほんとに嫌になります。S社の製品は放送機器でも長年使用していますが、この頃製品の開発力が落ちてきたの?と感じざるを得ません。スマホは電池が有ってもも電源は勝手に落ちるし、これがあのS社の製品かと疑いたくなります。そんな訳でスマホも発注済みで、カメラの方も近々退場処分になります。c国のことを人々は笑っていますが、今や日本の家電は名前だけは残っていますが、大方中国製品に抑えられてしまっていますね。s社に限らず日本全体で頭と口だけが立派になって製品規格を偽装したりしていますが、そんなnewsを聞くとほんとに悲しくなります。

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

タイ オヒキコウモリ

日本ではこのコウモリの生息は国内数カ所でしか確認されていませんが、近縁種を調べてみました。Mammal of Thailandには Tadaridaの仲間がやはり1種類記載されていました。日本国内ではこの種類の近縁種が見つかっていますが、まだほとんど調べられていません。この場所での生息は今回5頭だけしか確認できませんでしたが、おそらく同じような割れ目を探せばまだ居るものと思われます。今日はタイの近縁種を載せておきます。おそらくアジアではこのように数十万、いや百万近い群れが確認されています。やはり森の規模が熱帯雨林とは違いますから、餌になる昆虫の量も違うということでしょうか?


モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

南の島へ−4

そこで今回購入したある撮影装置が役に立つと思い持参しました。更に高度な動作ができるものも持っているのですが、長さが5mで少し長すぎるしかなり大型になってしまいます。画素数は少ないですが生態写真は撮影の画質より、その生物の生態の方に価値があると思っていますから,とにかく撮影できることに意義があります。
スマホに送信された画像は見事にその生き物を捉えていました。レンズの先端のコントロールが効かないのは、分相応ですがとりあえず撮影することができました。私が購入したのは下の窓口です。この値段ですがが総数の割には絵はかなりしっかりしていました。あとは耐久性がどの程度持つでしょうか?近頃の中華製も侮れません。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

南の島へ−3

今回の目的はこの割れ目に棲む生き物です。前回も撮影したことは書きましたが、岩の割れ目の幅は5cmないという、非常に撮りにくい撮影場所です。ストロボを焚いても光は手前がオーバーになってしまい、奥までは届きません。なにせこの生き物は変幻自在、撮影しようとすると更に奥に入ってしまうのです。今日はその特徴である長い尾の写真だけを載せておきます。なお本編は乞うご期待ということにしてください。引きずるような特徴ある尾も野生状態で初めて先日購入したこのカメラで撮影できました。

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

南の島へ−2

前回撮影できなかった撮影に空撮がありました。当然今回はドローン持参で撮影してきました。やはりこんな時のためにドローンがあると云ってもいいかもしれません。今回島にはなんとか渡れましたが、台風の余波で船長の非常なるお言葉で滞在は3日の予定が、1日になってしまいました。この島には、オオミズナギドリ、アナドリ、ウチヤマセンニュウ、カラスバトもいるのに、こちらの方は今回諦めざるを得ませんでした。もうねじり鉢巻で目的の撮影に取り掛かりました。

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

南の島へ

北の森から南の島へ。ここのところChiropteraを求めてアチラコチラ駆け回っている。今回の目的の島は本土からは7kmにある絶海の孤島でした。この島にはかつても訪れていましたが、なかなか撮影に厳しい場所でもあり目的の撮影に相成りませんでした。ある意味今回はそのリベンジとも言えるものでした。なにせ無人島なので渡るだけでも結構大変な島なのです。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

クリハラリス(タイワンリス)

特定外来種のクリハラリスが、ミゾゴイの森にも見つかりました。既にニホンリスの姿を日本の森で見ることは難しいですが、この森でもクリハラリスが我が物顔で生息していました。カワハギなどで林業への被害も大きく、ここまで生息域を拡大させてしまうと駆除はもう無理でしょう。先日のアライグマもそうですが、日本の森がだんだんと壊されていきます。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

MR Yotin Meekaeo

一体何が有ったのだろう。つい3ヶ月前に別れてきたタイの友人の突然の訃報。とても信じられない。交通事故か?Heavy smokerだったからなあ、、、つい2−3日前まで毎日facebookは更新していたのに、、、この頃大切な友人や先生方がいなくなってゆく。Yotin氏はタイの中でも有能な鳥の研究者であり、とても気の合う友人だった。彼ほどの東南アジアの鳥に関して豊富な知識を持つ人に今まで出会ったことはない。気さくでFirst nameで呼びあいタイに往くとカメラの話で、いつまでも話し合える友人だった。日本でも彼の世話になった人々は多いと思う。心より哀悼の意を表します。悲しい。

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミゾゴイ−4

警戒すると首を蛇のように伸ばすミゾゴイですが、この森ではカラスも多く巣立っても気が抜けない状態が続いているようです。巣の上でもしていた行動をカラスが飛んだのか、下に降りてもしていて警戒していました。地元の方に聞くとミゾゴイは巣立ってから10日ほどで姿が見えなくなり、この森からは居なくなるようです。越冬のために南下して東南アジアまで飛来しているようです。やはりそんな姿も現地で是非見てみたいですね。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミゾゴイ−3

ヒナには頭の白い換毛と小さな斑点がよく見ると見つかります。白い斑点はやはり藪で見つかりにくくするためのものでしょうか?親が餌を持ってくる間、ヒナは巣の下の藪を歩いていましたがまだ餌は見つけられないようです。それにしてもミゾゴイが生息している藪は暗く撮影がしにくい状態です。当然感度を上げての撮影です。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミゾゴイ−2

巣から飛び降りたヒナが茂みに隠れてはいますが、親が約90分おきにやってくると駆け寄って羽根を震わせて餌をねだっています。やはり人間が気になるのか親は見えるところでは餌をやってくれません。まあ当然の話しですが。写真は2羽とも巣立ったヒナのようです。今年は4羽巣立って1羽が行方不明で、このあたりには残り3羽がいるようです。1羽はネコにやられたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Powered by WordPress