‘撮影’ Archive

ウソ

いよいよ師走カレンダーも最後の1枚となってしまいました。しかしこの師走相変わらずの中国ウイルスのおかげでどこかにでかけても疑心暗鬼で、人のことをバイキンの塊のように見なくてはならず、マスク警察も相まって嫌な年末になりそう […]

ニホンザル−14

この寒い中猿たちが川の中に落ちている餌を探して水に入っています。それほど落ちてはいないと思うのですが、それでも食べたいということでしょうか?この寒い季節に、あまり気にならないでしょうか?さる事ながら気になってしまいます。 […]

ニホンザル−13

樹ゆすりが移動の合図と昨日書きましたが、子猿たちが先程のオスザルにつられて移動を開始しました。何かものの見事に先生に引率されて行く子どもたちのようです。子どもたちはちゃんと樹ゆすりを見ていたのでしょうか?距離から云って少 […]

ニホンザル−12

ニホンザルが樹を揺するのは自分の力を示すための威嚇誇示であると考えられていますが、屋久島での調査では移動の合図かもしれないとの推論で、調査が進められていますが結果はまだでず継続調査のようです。今回のこの森では餌付けがされ […]

ニホンザル−11

藪の中で今年の春生まれた幼獣が遊んでいました。たった半年でこれだけ野生の中で育つその生命力に関心せざるを得ません。人間とどうしても比較してしまいます。そんな遊びの中から幼獣は生きてゆく術を学んでいます。そんな子どもたちの […]

ニホンザル−10

オランウータンでもそうですが、ニホンザルの赤ん坊の握力の力強さに驚かずにはいられません。母猿ももちろん我が子を守るように急な動作をしないようにしている気遣いは十分に感じるのですが、それにしても母親の体毛をしっかり握って、 […]

ニホンザル−9

換毛は終わり気味だというのによほどこの日は寒かったからでしょうか、2頭の若ザルがおしくらまんじゅうでもしているがごとく、抱き合って暖を取っていました。スチールならただ抱き合っている風情ですが動画ならその動きまで見せてくれ […]

ニホンザル−8

すでにニホンザルは冬毛に換毛しているため、体毛が見た目ふかふかです。これなら夜間気温が0度近くに低下しても持ちこたえることが可能でしょう。この地方のニホンザルの換毛は11月から始まり、春の夏毛への換毛は6月から始まります […]

ニホンザルー7

既に繁殖期は大方終わりかけていますが、まだ交尾したりないわけではありません。繁殖期は続いています。今回のそれは俗に言うマウンティングに見える順位ずけのためのマウンティングかもしれません。確かめるにはサルに聞いてみなければ […]

ニホンザル−6

サルの森での動画の整理が終わったので順次載せてゆきます。ここでもだいぶ葉は落ちていましたが、裏のカラ松の紅葉はまだ残っていました。ここはやはりこのカラ松を生かさないわけには行きません。スチールだとワイドを使っての撮影でし […]

Red batの採餌

今日はとても素晴らしい映像が撮影されてたので紹介です。この4年近くコウモリの飛翔に特化した撮影を続けていますが、残念ながら自分の撮影ではありませんが、スチールでは載せた撮影がせいぜいですが、動画ならこのような姿でコウモリ […]

ニホンリス−4

ファインダーを覗いたらクルミではない黄色い何かをリスが食べていました。このあたりには黄色い実はないので何を食べているのかと思って考えてみると、どうやら皮を向いたクリのようです。茶色い皮を向いたらこのような色になるのでしょ […]

ニホンリス−3     

ニホンリスが硬いクルミをどのように齧ってゆくのでしょうか?そんな姿を撮影したくて寄ってみました。もちろん寄れば逃げるのは世の常ですから、そこは便利なデジタルカメラです。x4倍で寄ってみると上手に齧っている姿を見ることがで […]

ニホンリス−2

モモンガもそうですがリスの仲間は安全な餌場を見つけたら、何度でもその場所を利用する習性があるようです。昨日のニホンリスもクルミを探してきたら、同じコースで木に登り同じ場所で採餌していました。それだと同じ絵柄しか撮影できま […]

ニホンリス

この森にはニホンリスも生息しています。やはり少し時期が遅かったようです。リスが居る場所には色づいた紅葉はないし、紅葉しているところにはリスはいないし、そんな折やっと見つけた場所でなんとかまずは1カット紅葉バックのニホンリ […]

Powered by WordPress