‘撮影’ Archive

決まった時間にシマリスが

撮影時に待っている時にシマリスが顔を出した。下草は笹薮でこの木が唯一の見晴らし場になるのだが、木の上でグルーミングをしたりして、束の間の日光浴を楽しんでいた。もう少し撮影したかったがやはり天敵を恐れてかすぐ藪に消えた。あ […]

エゾシカの視線

林道の奥から誰かがこちらを覗いている視線を感じた。よく見るとメスのエゾシカがこちらを見ていた。あまり人間を認識していないのか気がつかないの寄ってきた。しかし我に返って頭を上げると、人間を認識したのか尾の白い体毛を逆立てて […]

クマゲラの森ー7

巣から離れた上空からクマゲラの住む森を俯瞰してみた。まさに豊かな北の森の原生林だ。先日も霜が降りたがそれにしても北部に位置するこの森は寒い。この分だとまた花芽が霜でやられて、初夏の原生花園はあまり良くないかもしれない。 […]

クマゲラの森−6

雛たちの巣立ちの時期は近い。それは雛が体を巣の縁から乗り出しているところで判断がつく。この時の雛の心境はまさに清水の舞台から飛び降りる心境に違いない。頑張れ雛達。         […]

クマゲラの森−5

親が巣の近くに戻っても直ぐに巣に戻らず。外で雛に呼びかけるような行動が多くなってきた。これは巣立ち間際によく見られる親の行動だ。その呼びかけに応じて、飛べると判断した雛は巣立ってゆく。昨年は巣立ち行動が撮影できたのだが、 […]

クマゲラの森−4

オオアリクイの様な長い舌をクマゲラは持っている。横から巣に戻ってきた親を見ていると、その長い舌を幼鳥に差し込んで餌を流し込んでいる様子がわかる。小さな蟻の巣の穴でも長い舌があれば効率的に餌が探せるに違いない。 &nbsp […]

クマゲラの森−3

親が巣の中に入って雛の排泄物をくわえて持って行くことも多いし、餌を運ぶだけではなく結構仕事は多い。ここのクマゲラは毎年子育てをしていて、育雛がうまい。巣は地上10数メートルの高さ、天敵であるクロテンやイイズナも登りにくい […]

クマゲラの森ー2

親の目覚めは早いが、クマゲラが巣に給仕しに来るのはせいぜい2−3時間位1回の割合だ。その間鳴き声がするから近くに入るようだが、餌を探しているのか巣には近寄らない。近くの木に1度立ち止まって巣で給仕するのはせいぜい数分だ。 […]

クマゲラの森

キタキツネに時間をかけてしまったのはいいが、他の動物たちに巡り合える時間が少なくなってしまった。と言っても小鳥たちは例年と同じようにまだ少し早いし、花もまだ咲いていない。つい先日も霜が降りたくらいで何といっても寒いし、こ […]

タンチョウの親子

キツネの森の近くではタンチョウの親子も子育てをしていた。去年は2羽の雛がいたが、今年はどうしたわけか1羽だけだった。すでに雛は30センチ余りまで育っている。今日の写真もそうだが、新しいPanasonic GH5はデジタル […]

海キツネの森

結局20日余り通ってしまったキタキツネの森は豊かな森だった。母キツネは魚の頭や三枚におろした魚を、どこからか見つけてきては子キツネに与えていた。森キツネとは食性も違ったキツネたちだった。したたかなキツネの家族が、無事に育 […]

キタキツネー8

天気も安定せず、もうすでにこのキツネの家族に14日近く張り付いているから、もう子キツネたちとは顔なじみになった。もちろんこちらはブラインドに入っているのだが、時折子キツネがやってきては物珍しそうにカメラを覗いて行く。 & […]

GH5無線リモコン

今回多用しているパナソニックのGH5は近年になくすぐれた動画機だが。デジタルカメラとしての機能も充実している。そんな中昨今のリモコン仕様について考えるのだが、多くのカメラが採用しているWIFIが当然ながら機能としてはつい […]

キタキツネー7

昨日の場所を別アングルから撮影したものが今日の写真だ。子キツネたちの顔が大分大人になってきたのがわかるだろう。行動範囲も巣から大分離れたところまで出歩くようになってきた。この巣を離れる日も近い。   &nbsp […]

キタキツネー6

キツネのジャンプ力は何よりも大切なハンティングの武器だ。子キツネ同士がじゃれていてもまだ小さい幼獣の時からその能力は目を見張るものがある。遊び場の中に1本の木があるのだが、その高さがちょうど手ごろなので子キツネたちの良い […]

Powered by WordPress