‘撮影’ Archive

ここに住むサル

かつてこのサルを他の森で撮影しましたが、なかなか撮影の難しかったサルでした。この国のサルをかなり追いかけましたが、このサルを含めて熱帯雨林のサルはかなり見つけずらいのが現実です。       […]

Toropical Rain Forest

今回訪れた森も、国内の森よりも数倍大きな森でした。天気が悪い中持参したドローンで撮影してみると、その大きさが分かります。もう少し撮影したかったのですが、850m近い標高があるため、湿潤な海洋気候とも混ざり合い霧が出やすい […]

再び南の国へ

ここのところ家にいる暇はないですが、再び南へ足を延ばしていました。この国に行くのも久しぶりです。かつて入った時は連れて行った同行人がマラリヤに罹患するなどして、結構大変でした。おりしもこの時期は雨期であまり適してはいない […]

謹賀新年 2019年

      モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集) 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジア動物探検記 日本哺乳類大図鑑 大自然ライブラリー 街はいつ […]

大晦日

晦日とは月の最後を指す和暦だそうですが、今年も残るところあと十数時間で終わりになります。この1年間つたない文章にお付き合いくださり、感謝に耐えません。毎日が写真展だとゆう気分で1年何とか乗り切りました、多くの叱咤ご意見あ […]

キクガシラコウモリだけ

期待して入ったのですが、中で寝ていたのはキクガシラコウモリだけでした。数は11頭各自ばらばらになって寝ていました。今年最後のコウモリは普通種のキクガシラコウモリでした。飛膜で包まれた体には水滴がついて乾燥から体を護ってい […]

テングコウモリは居なかった

ヤンバルでも研究者と話したのですが、貼合森は1−2月には穴で冬眠することが多いようです。スタジオの近くの穴もそうなので同じですねと話したところでです。この穴は今はいらないと雪でいけなくなるので掃除の合間を見つけてでかけて […]

スタジオは雪

出かける時はまだ地表が見えていましたが、南の島から戻ったらお約束の通り30−40cmの雪でした。まあまだこれくらいなら楽勝の雪です。この程度なら暖かくなると雪がだいぶ溶けてしまいます。まあ月末には積り始めますが、今年は暖 […]

森をあとに

森を去るにあたって雨上がりを狙って撮影できた、ヤンバルの森の全景を載せてみました。この場所は前回も訪れましたがやはり雨に祟られました。なかなか晴れないヤンバルの森です。 モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集) 野生動物 […]

ヤンバルホオヒゲコウモリ

今回探していたコウモリと出会うことができました。まさにラッキーとはこのことでしょうか?本州のクロホウヒゲコウモリに、体色等は似ていますね。この島で残るはあと1種類。3月の許可期限までに見つかることを祈って、とりあえずこの […]

リュウキュウユビナガコウモリ

今日潜った穴は採石場の中にある穴でした。木々に囲まれた茂みをおりてゆくと鍾乳洞の抗口が目に入ります。こんな入口はハブの生息場所ですから、足元はよく見てゆかなければなりません。鍾乳洞には1頭のコウモリが寝ていたのですが、横 […]

ヤンバルの森

雨が少し上がったヤンバルの森を、ドローンで撮影してみました。霧も少し出ていましたが気にしないであげてみました。120mまで上げてみましたが、やはり上空は少しガスが出ているようです。やはり空撮は晴れていないと同署もないので […]

オキナワコキクガシラコウモリ

雨男なわけではないのですがとにかく毎日霧雨に悩まされています。仕方なく前回入った廃坑を昼間訪れてみました。前回はすでに冬眠状態のリュウキュウユビナガコウモリとオキナワコキクガシラコウモリが入っていましたが、今回はコキクガ […]

トゲネズミー巣穴入り口

雨が振り仕切る中N氏が網の見回りの途中で藪こぎをはじめました。こちらはハブが気にかかりますが、N氏はグイグイ気にしないで森に分け入ります。こちらも遅れたらいけないと思いついてゆきます。枯木の根本を見るとライトで照らします […]

キノボリトカゲ

車を止めて網の横で20分おきに見回っていますが、やはり霧雨でなかなか見たい種には出会えません。ふと下草を見るとキノボリトカゲの幼生でしょうか、夜になって気温が下がり動かなくなって眠っているようです。緑の体色の中に黄色い線 […]

Powered by WordPress