Archive for 8月, 2017

道普請

お盆が近かったから墓参りの参道でもあるカメラが置いてあるこの道を、村人が草刈りに来ていた。村人はこの林道に置いてあるカメラがなんのためにおいてあるか知っているから、うまく這わせてあるケーブル等は避けてくれる。まあタヌキに […]

キツネはなかなかすばしっこくて

森の林道は動物たちの使う生活道路だ。まだツキノワグマが出てきていないが、人間が居なければ堂々と彼らもこの道を使っている。ここで映らないのは前にも書いたがカモシカとウサギくらいのものだ。カモシカは自分が使っている獣道をガン […]

ニホンザルが山から降りてきた

ニホンザルが山から降りてきたのは早朝6時過ぎだった。1頭しか写っていないが群れはバラバラで行動しているが、不思議な事に少し距離があるだけで離れることはないようだ。雨が続いたせいで湿気でガラスに曇りが出てる。Boxには湿気 […]

ニホンウサギコウモリ−2

それにしてもウサギコウモリの耳は長い。一説によるとウサギコウモリが出す音波は微弱なため、より感度を上げるために耳が大きくなったと考えられている。スタジオの近くの廃坑で冬季確認しているが、森で見つけたのは初めてでだ。飛翔は […]

ニホンウサギコウモリ

ようやく晴れてきたのでいつもの水源の森に向かう。夕方網を張り終わって、高いところを見るとコウモリが飛んでいる。バットディテクターで測ったら、20KHzのところで反応があった。かなり速い速度で飛んでいたからヤマコウモリだっ […]

ニホンアナグマ

昔はその姿を殆ど見なかったのだが、アナグマは最近このあたりの森では増えている。それにともなってロードキルも多く、先日もスタジオのそばで殺られていた。エコパークを標榜する町ならば、もう少し愛を持った運転をしてもいいはずなの […]

タヌキ

この時期森のなかでよく見るのがタヌキで、仕掛けカメラに映る頻度もタヌキが高い。夏毛だから少し見窄らしいが、里の獣の代表格だ。スタジオの庭にも毎晩2頭で出てきているが、まだ幼獣は連れてきていない。 野生動物撮影ガイドブック […]

口に合わない餌だったのか?

ほとんど人間の目では現場ではわからなかったが、スタジオに戻り画像を精査してみたら面白い行動が写っていた。一度捕獲した餌である蛾を、コウモリが吐き出した様子が撮影できていた。ほとんど暗黒の中で仕事をしているから撮影している […]

台風一過とならずー飛び散る水滴 180fps

被災された方も多いが幸いスタジオは、殆ど雨も風も大したことはなくすんだ。台風一過ならスカーッと快晴を期待したいところだが、相変わらず天気が悪い。雨が降っている昼間は外にも出られないので、デスクワークで溜まっているその整理 […]

迷走台風

昨晩夜半から降り始めた雨が強くなってきた。山の中においてある6台のカメラをひとまず一時避難してスタジオに運び込んだりで、台風に備えた。まあ風速30mということだから念には念を入れてのことだ。そんなわけで台風一過になること […]

不気味な月

もう今日からは暦の上では秋だ。台風前夜でも天気が持ちそうなので夜、森に通っている。日中はに久しぶりに蒸し暑い日だった。ただ月齢が13.7でほぼ満月に近いせいか虫の集まりが弱い気がする。この場所でのコウモリたちは相変わらず […]

コテングコウモリか? 45KHz

この場所では45KHz音声のほか20KHzでの鳴き声も確認できる。おそらく2種類のコウモリが来ていると思われるのだが、まだ同定はできていない。月はだんだん明るくなってきているが、街灯の光とISO感度を上げて、マルチ撮影し […]

コテングコウモリか? 45KHz

ようやく雨がない夕方になったので、通っている森に向かう。雨が続いているから虫も心持ち涌いている気がする。ただ月が半月になりだいぶ明るくなっている。やはり満月の近くになると該当に来る虫の集まりが悪くなる。昨年かなり発生して […]

福島生きものの記録

群像舎の岩崎氏の生き物の記録が今日から日比谷図書文化館で上映される。福島を追い続ける岩崎氏の熱意に敬服します。スタジオのある町もかつては放射能の残留指数を公表していたが、今は隠して出していない。自宅で簡易型で計ったところ […]

都心のアブラコウモリ

都会でもコウモリはよく見かける。奥多摩あたりの話ではないが、都内でも多くのコウモリが飛んでいる。夜間なので殆どの人が気にならないが、都心でもその数は多い。ちょっとした隙間があれば昼間隠れることが可能だから、別に昼間の寝場 […]

Powered by WordPress