Archive for 9月, 2017

ナキウサギの谷ー3

貯食はしていなくても体のほうは正直だ。日差しはまだ暖かいのだが、すでに毛変わりが始まっている。すぐそこまで冬が来ているのを知っているかのようだ。それでもこの谷では3頭のナキウサギが出ている。昨年来た時より出がいい。谷の仙 […]

ナキウサギの谷ー2

ナキウサギはまだ越冬のための餌を運んでいない。一昨年はすでに餌を運んでいたのではないかと思うのだが、記憶違いだろうか?岩の間からは3頭のナキウサギが出入りしているが、どのウサギも自分が食べるのに精いっぱいといった感じで、 […]

ナキウサギの谷

今日は晴れそうだったので早朝逃げてきたナキウサギの谷に向かった。久しぶりだから出会えるかどうかわからなかったが、少し遅れたが5時には、フィールドに立てた。1時間ほど谷を歩いてようやく懐かしい鳴き声を耳にした。 &nbsp […]

ヤマコウモリ

市内の違う場所にあるドロノキを塒とするヤマコウモリが入っている祠を見に行った。5時半過ぎかなり暗くなって、コウモリの時間が始まるころ、ここではヤマコウモリが確認できた。個体数は30頭前後で20KH zあたりでヤマコウモリ […]

キタクビワコウモリの樹洞

今いる場所は何とか大したことなく台風は通過していった。そこでキタクビワコウモリの樹洞を見に行った。旭川大学の出羽先生が7月に観察されたときには、当然のことながらハルニレの樹洞にキタクビワコウモリは入っていたそうですが、既 […]

連休で人がいっぱい

連休のせいもあってどこも人がいっぱいだ。山に登ったのだが駐車場は満車。とてもじゃないがいられないので早々逃げてきた。まだ台風の余波はないから北の人々は、まだのんびりムードだった。仕方なく人がいない丘の丘陵でドローンを飛ば […]

北の森へ

台風に追われるように北の森に向かっている。仕事は少し先なのだが船が台風で結構になってしまうし、海が荒れてゲコゲコになるので早めに出たというわけだ。フェーン現象のせいか港はものすごく暑いが、船が新造船とかでスピードも上がり […]

LED ビデオライト

仕掛けカメラについているLEDライトの珠が半分くらいおかしくなってきた。まあ防水加工はしてあるがフィールドに野ざらしだから仕方ない。部品が手に入らないだろうかと問い合わせたが、中国の会社当然アフターサービスはない。再びa […]

ニホンイノシシ

あの巨大な鼻はイノシシの最大の道具でもあります。あの鼻の鰓の部分で掘り返した写真を昨日載せましたがあれで掘られたら一溜りもありません。イノシシは群れで行動しますから畑は一晩で殺られてしまいます。農家もたまったものではあり […]

イノシシの掘り返し

スタジオの周りはそれほどではありませんが、少し山を下ると蛭が多く見られます。少し歩いただけで気をつけないと足に近寄ってきます。昔はそれほどではなかったのですが、それだけ人の周りに獣たちが忍び寄ってきているということでしょ […]

すでに冬眠状態のキクガシラコウモリ

まだ餌は飛んでいるし冬眠状態に入るには早すぎると思うのですが、完全に眠りこけているキクガシラコウモリの個体が居ます。活動している個体も居ますからその違いは何でしょう。活動期でも寝るときは完全に冬眠状態になって寝てしまうの […]

キクガシラコウモリの飛翔

キクガシラコウモリが翼を広げて飛ぶと、20cm以上にも翼は広がります。狭いところでも急旋回をしてキクガシラコウモリの飛行は巧みです。きっとそれは翼の面積とも関係していて、どちらかと言うとパタパタと飛ぶ感じで飛翔速度が早い […]

キクガシラコウモリ

ここのところ森林性蝙蝠ばかり追いかけていたので、久しぶりに先生と廃坑の調査に向かいました。前来たときは蛭が多かったが今回はそれほどでもありません。廃坑ではコキクガシラコウモリが少数と、キクガシラコウモリ合わせて30頭前後 […]

ブナ林俯瞰

久しぶりに快晴になった。コナラやブナの実がまだ青いブナの森だ。外見では実は付いているが、ツキノワグマは大食漢だから果たして今年の実のなりはどうだろうか?ドローンで俯瞰してみた。       […]

ネズミ調査

なんとか雨が上がった森に今日は県自然史博物館の長谷川名誉館長も来宅。3人で合流してネズミの調査も併せて行う。お二人は上野科博時代からの旧知、私も高校の時から出入りさせてもらっている。哺乳類の調査は地道だが、こうした地道な […]

Powered by WordPress