Archive for 10月, 2018

ヒグマの巣穴−2

崖をよじ登って巣穴を覗き込んでみました。日本最大の獣だけあって流石と言いたいところですが、それほど大きくは感じません。穴をきちきちに掘るだけでむしろそのほうが空気の層が少なくて温かいのかもしれません。奥予期はそれでも4− […]

ヒグマの巣穴

コウモリの調査は夜の仕事、昨晩は風が強く11時には調査を終わらせました。ノロノロしていると釣り人がまた集まってきます。そんなわけで昼間は近くの森に向かいます。そして道路近くの斜面でヒグマが冬眠に使った巣穴を見つけました。 […]

鮭の釣り人

北の森の一番端になるこの森に着いたのは良いのですが、このあたりの川が鮭釣りの禁猟区になったおかげで、そこを避ける釣り人が海岸に通じる道路に群がっています。この林道が実はコウモリが一番使う通路にあたっているため、困ってしま […]

そうのんびりもしていられなく更に北へ

そううさぎに関わっているわけにも行かず、さらに400kmほど走り北に向かいます。畑では収穫された玉ねぎやジャガイモが山積みされています。まさに実りの秋です。また違う畑でな作付けされた麦の穂が伸び始めていました。 &nbs […]

ナキウサギの谷−3

それでも背に腹は変えられないということでしょうか?せっせとナキウサギは腹ごしらえに走っています。雪がこの月にはやってくるこの地では、今が貴重な餌の時間です。朝5時には現場に入ってナキウサギが出るのを待ちましたが、こちらの […]

ナキウサギの谷−2

ナキウサギも雨が上がるのを待っていたのでしょうか?谷底で私を見つけると警戒音のピーッという甲高い音を上げます。しかしこちらが敵でないことを知っているのか、いつものように紅葉している葉を噛み始めます。もちろん食事を指定なが […]

ナキウサギの谷

それでもいても立ってもいられず雨が上がるのを待って山に上がってみた。すでにナナカマドも高揚しどちらかというと紅葉は散り気味な感じがします。まあそれでも久しぶりの山は清々しくここ1−2ヶ月の蟄居の気分を振り飛ばすには十分で […]

こちらも天気が悪い

北の森に来たもののこちらも天気があまり良くない。雲は低く垂れ込めて秋の空とは程遠い感じです。一先ず北の森の真ん中まで来ましたが目的地は更に北の森です。目的地の天候が雨のために、少し寄り道しています。   &nb […]

やっと出れる

まだ体はいたいが、そう遊んでばかりはいあれないので、ほんとひどい事故の事務手続きがようやく終わったので許可期限も有ってとにかく旅に出ることにしました。北の森はもう霜も降り高い山では雪がちらついていて、コウモリが活動してい […]

ニホンリス

ニホンリスがスタジオに生えているクルミの実を狙って早朝からちょこちょこと枝渡をする事が増えてきました。本来なら運んで貯めたいところですが、そんな姿は警戒心が非常に強いのでここでは見せてくれません。しかし雪で埋まるのをリス […]

ニホンザル

里山に実る食べ物があるせいか、この頃村内を走っていてニホンザルに出会うことが多くなった。ちゃんとサルは里に美味し良い食べ物があることをしているようです。猿追い人外クラ花火をぶっ放しても、それ以上何も手出しできないことを知 […]

まだお出ましではない

コウモリ調査の折、使う林道は他の獣たちも使う林道なのですが、まだクマは出てきていません。ここはクルミも有ってクマにとっては良い餌場なのですが、山のコナラのドングリが豊作のようですから、危険をお犯してまで里山には降りてこな […]

55KHzの音声

もちろん人間の耳には55KHzの音声は聞こえません。そこでバットディーテクターを使って可聴域に直して、私達の耳に認識できるようにしているわけです。実際聴いてみると、アカショウビンが啼いているような声で鳴いているのがわかる […]

廃トンネル

天気さえ悪くなければスタジオの近くの廃トンネルにかよって、コウモリの調査をしているのですが、ここのところ天気が悪く小雨になってしまってなかなか調査できない毎日です。昨晩もでかけてみましたが、55KHzあたりの鳴き声しかバ […]

ホンドタヌキ

夜な夜な現れるスタジオ近くに住んでいると思われるホンドタヌキも夏毛から冬毛に変わり始めている。あと1月もすれば更に体毛は増えて冬毛モードになってくる。昨今はスタジオでもストーブを炊く日が増えて来た。北の森では霜が降りたと […]

Powered by WordPress