Archive for 10月, 2019

まだ活動しています

コウモリの活動限界温度は15度と言われています。スタジオの朝の気温は12.3度でしたが、まだこのあたりのコウモリたちは活動しています。夜道を走っても蛾が目に付きますから、冬眠前の最後の腹ごしらえといった感じでしょうか?ス […]

ニホンジカ

先日も村内を走っていたら角の立派なオスジカに出会いましたが、昔いなかったニホンジカが雪が少ないせいでこの辺にも進出してきたようです。尾瀬もシカにだいぶ痛めつけられていますが、イノシシのみならずシカもいたら、農家にとってみ […]

藤原ダム満水

あれだけ雨が降ったのですから、スタジオのすぐ下にあるダムが満水に成るのは無理もありません。ほぼ満杯状態です。まだ上には2つもダムがあってそちらは見に行っていませんが、おそらく似たようなものでしょう。それにもましてスカット […]

ツキノワグマ

台風一過でも晴れ晴れとしない雨の日が続いて、このまま晩秋に行こうといった感じの毎日です。そのような中スタジオの裏の森は樹の実が多いせいでしょうか、ツキノワグマもここのところよく出てきています。かなり木の上の方の枝も折って […]

捨て猫

限界集落ではそれまで飼育していたペットを、本人がホームとかへ移設してしまうと、そのまま放棄という感じでまったく無責任もいい状態になっています。飼われていた猫には罪もありませんが、猫も生きてゆかなければなりませんからやがて […]

イノシシ

かなり利根川の上流なので、雨も降りましたが大したことはなかったです。下流は相当大変だったようですね。それでも台風の後の森のカメラのメンテナンスに駆け回っています。そんな折カメラで記録されていたメモリーにはイノシシが写って […]

カモシカ

台風で雨が降ろうが槍が降ろうが、カメラは動いています。スタジオの裏の廃道は動物たちの桃源郷です。昨夜歩いていたのは先日朝であったカモシカと同じ個体でしょう。ここのところよく出会いますから、このあたりが気に入ったのかも知れ […]

ニホンカモシカ

台風が迫っていますがこちらはまだそれほどの影響はないようです。まあこれからでしょう。朝の散歩の折にじっと固まったカモシカに出会いました。ここのところこのあたりで出会ういつものやつでしょうか?カモシカはカモシカ道があって同 […]

ニホンザル塒に帰る

ツキノワグマが栗の実を落としてくれたお陰で、ここのところ毎日サルの群れが山から降りてきています。サルも勿論樹には登りますが、あのいがまでは割りきれません。力持ちのクマのお陰で、落とされたイガは割れてご馳走かいただけるわけ […]

ヒナコウモリ もぬけの殻

県内のヒナコウモリの集団繁殖地に寄ってみました。下から双眼鏡で探してみてもスペクトグラムで鳴き声がしないか探査してみても、存在は確認できません。勿論新しい糞も見つかりませんでした。9月半ばまでは姿が見えましたがあれだけい […]

アブラコウモリ

先日のアブラコウモリが住む友人宅にお邪魔した。相変わらず排気口の中でお休みのところ、かたじけなかったですがモデルになってもらいました。日本に住むコウモリの中で最も人間に近い場所に住むイエコウモリです。絶滅危惧種は撮影して […]

ヒメホオヒゲコウモリ

北の森の友人からヤマコウモリの出洞が9月の最週末で見られなくなったという連絡がありました。すでに御当地では霜も降りて餌である昆虫も少なくなっていることに起因しているわけですが、いったいあのハルニレの繁殖洞からどこに移動し […]

ホンドタヌキ

スタジオの庭はトトロの森ですから、毎晩二頭のホンドタヌキが顔を見せてくれます。というよりスタジオの床下に住み込んでいるようで、主が狸爺と呼ばれていても違和感がないわけです。どうやら一頭は小ぶりなので親子なのかも知れません […]

クマが木を折ったあとは

クマがクリの木をボキボキに折った煽りで樹の下には、食べきれないほどのクリの実が落ちています。当然クリの実はザックリ破れて木に登れない動物たちの餌になっています。ツキノワグマは餌が残っていれば再度訪れることが多いですから、 […]

クマ棚

あの暑い夏はいつの間にかどこ行ってしまったのかという、頃合いのスタジオです。北の森から戻って素材の整理や抜き取り作業に仕方なく従事しています。撮るのは簡単ですが、その後のデジタル作業が待っているのは、Film時代のほうが […]

Powered by WordPress