Archive for 11月, 2019

コサギ

雪が舞う数日でしたが少し山を降りれば外界は青空でした。そんな青空の中コサギが編隊で餌場に向かって飛んで行きました。ツルにしてもガンにしても飛ぶときの編隊はいつもこのくの字型ですね。この方が飛行による乱気流の影響を受けない […]

森は丸裸

クマはまだ穴に入ってはいないで落ちたブナの実を貪っていると思いますが、ここ数日スタジオは日は出ているのですが、小雪が舞って初冬モードに入っています。壽雪のじゃまになる枝をチェーンソーで落としたりの毎日です。例年つもり始め […]

クマ棚

この時期森が裸に成るに連れツキノワグマが木々の枝を折ったクマ棚が目につくようになります。ここのところ少し前までカメラの前に出ていたツキノワグマも、ピタリと姿を隠しています。おそらく餌を求めて少し場所を変えたのだと思います […]

ひごと雪が

平年並みに気温がなっているのか奥山の雪が暖かくても解けなくなって、根雪になってきた。気温こそまだ零下にはならないが、薪ストーブとつける飛時間が時間がだんだん長くなってきた。タイヤの交換は終えましたが、まだ冬囲いが残ってい […]

ぴったりもの

100均で見つけたプラスチックのケースがとてもいいです。キャノン系の電池はパナも大きさが同じですから、カメラバックの中で混ざってしまうこともあり不便でした。そこで見つけたこのケース、電池がぴったりなので非常に便利なので紹 […]

デブカモシカ

しびれを切らして再び上から目線で、残った晩秋の森を入れ込んでの撮影となりました。それにしてもこのカモシカメスなのでしょうか? お腹が膨れているのが気になります。冬籠もりの準備なのか、来春がおめでたなのか気になるところです […]

デブカモシカ

車を止めて見ていましたらそそくさと藪に入りました。先回りして下道で出てくるのを待ちました。こんなときは動物たちがどう動くかを推測しての撮影になります。それほど警戒させませんでしたから、下に出てくるのを声を潜めて待ちました […]

デブカモシカ

もうほぼ初冬突入といったスタジオの森です。紅葉していた落ち葉も既に大部分が落ち始めています。そんな折、村内を走っていたらカモシカと出会いました。この頃やけにカモシカに出会うのですが、やはり増えているようです。それにしても […]

ムササビの森

神社の周りに柿の木がないかと昼間探し回りました。150mほど離れた場所に何本かの柿の木がみつかって、その下に柿の食い散らかしがないかと探してみたのですが落ちていませんでした。夜間少し離れた違う神社にも行ってみましたが、や […]

初雪

奥山には既に雪が降ったのですが、スタジオにも雪がつもりました。初雪です。まあ立冬も過ぎましたから何時来てもおかしくないのですが、やはり遅いほうがいいですね。タイヤを 替えなければなりませんが、まだ未交換で早々天気を見て変 […]

ムササビの森

このムササビはスタジオのある県内で撮影したムササビです。確かカエデの新緑の頃でしたから、5月下旬ころだったでしょうか? 運良く幼獣を連れたメスで、幼獣はしきりに乳を欲しがっていました。そのあとこの森に何度も行くのですが、 […]

ムササビの森

3頭のムササビが洞から出始めるのは、17時4分、8分、14分とほぼ時計を持っているように決まっています。もうほとんど夕闇から闇夜に移る、ギリギリの時間でした。森が深いので深追いはできないところが辛いところです。ネコほどの […]

ムササビの森

まあ駄作ばかり並べても仕方がないので、かつて撮影したムササビを苦し紛れですが載せておきます。やはり云いフィールドがないとこればかりは撮影出来ません。         野生動物撮影ガ […]

ムササビの森ー見てるんだよね

巣がある大木には二頭のムササビが棲んでいます。このムササビが活動し始めるのはピタリと17時10分。間髪おをおかず二頭はとびだしますが、置いたカメラの方には飛んでくれず反対側にドロンされました。もちろんカメラはカモフラージ […]

ムササビの森

自身の写真の始まりはムササビでしたが、スタジオの周りにモモンガは見つかっているのっですが、ムササビの良いフィールドは有りませんでした。かつて城跡のある森で親子を撮影しましたが、今回は少し離れたムササビの森です。ここには最 […]

Powered by WordPress