Archive for 11月, 2020

ニホンザル−11

藪の中で今年の春生まれた幼獣が遊んでいました。たった半年でこれだけ野生の中で育つその生命力に関心せざるを得ません。人間とどうしても比較してしまいます。そんな遊びの中から幼獣は生きてゆく術を学んでいます。そんな子どもたちの […]

ニホンザル−10

オランウータンでもそうですが、ニホンザルの赤ん坊の握力の力強さに驚かずにはいられません。母猿ももちろん我が子を守るように急な動作をしないようにしている気遣いは十分に感じるのですが、それにしても母親の体毛をしっかり握って、 […]

ニホンザル−9

換毛は終わり気味だというのによほどこの日は寒かったからでしょうか、2頭の若ザルがおしくらまんじゅうでもしているがごとく、抱き合って暖を取っていました。スチールならただ抱き合っている風情ですが動画ならその動きまで見せてくれ […]

ニホンザル−8

すでにニホンザルは冬毛に換毛しているため、体毛が見た目ふかふかです。これなら夜間気温が0度近くに低下しても持ちこたえることが可能でしょう。この地方のニホンザルの換毛は11月から始まり、春の夏毛への換毛は6月から始まります […]

ニホンザルー7

既に繁殖期は大方終わりかけていますが、まだ交尾したりないわけではありません。繁殖期は続いています。今回のそれは俗に言うマウンティングに見える順位ずけのためのマウンティングかもしれません。確かめるにはサルに聞いてみなければ […]

ニホンザル−6

サルの森での動画の整理が終わったので順次載せてゆきます。ここでもだいぶ葉は落ちていましたが、裏のカラ松の紅葉はまだ残っていました。ここはやはりこのカラ松を生かさないわけには行きません。スチールだとワイドを使っての撮影でし […]

Red batの採餌

今日はとても素晴らしい映像が撮影されてたので紹介です。この4年近くコウモリの飛翔に特化した撮影を続けていますが、残念ながら自分の撮影ではありませんが、スチールでは載せた撮影がせいぜいですが、動画ならこのような姿でコウモリ […]

ニホンリス−4

ファインダーを覗いたらクルミではない黄色い何かをリスが食べていました。このあたりには黄色い実はないので何を食べているのかと思って考えてみると、どうやら皮を向いたクリのようです。茶色い皮を向いたらこのような色になるのでしょ […]

ニホンリス−3     

ニホンリスが硬いクルミをどのように齧ってゆくのでしょうか?そんな姿を撮影したくて寄ってみました。もちろん寄れば逃げるのは世の常ですから、そこは便利なデジタルカメラです。x4倍で寄ってみると上手に齧っている姿を見ることがで […]

ニホンリス−2

モモンガもそうですがリスの仲間は安全な餌場を見つけたら、何度でもその場所を利用する習性があるようです。昨日のニホンリスもクルミを探してきたら、同じコースで木に登り同じ場所で採餌していました。それだと同じ絵柄しか撮影できま […]

ニホンリス

この森にはニホンリスも生息しています。やはり少し時期が遅かったようです。リスが居る場所には色づいた紅葉はないし、紅葉しているところにはリスはいないし、そんな折やっと見つけた場所でなんとかまずは1カット紅葉バックのニホンリ […]

遠出の森

ネコの島から戻って雑用ばかりで悶々としていました。早朝の出でしたが少し遠出をしましたが道はまだ凍ってはいないのが幸いです。とりあえずタイヤは変えてあるので、朝の道を急ぎました。久しぶりの遠出の森ですがやはり紅葉は少し終わ […]

迫ってくる雪

すでに奥山の頂は白くなってきていますが、日に日にその白さが麓まで降りてきています。まだ暖かいので根雪にはなっていませんが、今年はやはりそのスピードが早く感じるのは、まだ体がなれていないからでしょうか?このような日が何回も […]

ホンドキツネは律儀

近くの畑を歩いていましたらホンドキツネの足跡が残っていました。正に律儀としか言えないくらいの理路正論とした歩き方でした。廃道のカメラにもキツネは写っていますから、かつて毒殺されたことがありましたがなんとか生き延びて切れた […]

ニホンザル−5

日がな一日過ごした森から奥山にニホンザルは戻ります。この時期数キロも移動することがありますから探すのもついていくのも大変です。それだからこそあまり寝ている夜のサルの写真とかは見たことがありませんから、どのような姿で寝てい […]

Powered by WordPress