Archive for 11月, 2021

雪が降ろうが

関東では寒いながらも暖かい日が続いていますが、北の森では近年にもない降雪とか。こんなとき北の海のラッコはどうしているだろうかと?まあ特上の毛皮のコートをまとっているからこのくらいの寒さでもびくともしないで泳いでいたのです […]

今年は何とか

今年は豪雪まで除雪機が何とか使えそうです。この冬散々除雪機の修理をしていましたが、部品がなくてとうとう使えませんでした。なわけで探していましたがなかなか良いものがなくてとうとう雪が来てしまいましたが、何とかこの冬は間に合 […]

カモシカ

下界の道走を走っですねいたら目の前にカモシカが現れた。そろそろ葉も落ちて見やすくなっているが、このカモシカは道路を闊歩していた。なんて言ったって邪魔者はいないし道は歩きやすい。動物にとっては無駄な行動など好まないし、誰か […]

とうとうきました

下界は雨ですが情報カメラで見ると10センチの積雪とか。除雪機はあすくるし、まあ模様眺めです。このままなんとか雨になつてくれればいいのですがどうなるでしょうか?  モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジア動物探 […]

エゾヤチネズミ

先日エゾヤチネズミの白化個体を載せたが、今日のものがのマルな個体です。どれだけ白いかおわかりになると思います。北の森ならず外でも結構白化。個体は自然界に生息しているようです。白化個体は近くにリスの白化個体もいるようです。 […]

イチイの実

見の少ないこの時期美味しい果物は柿以外にも有るようだ。友人が子供の頃おやつに頬張ったというイチイの実もリスにとっても大事な冬越しの食料だ。           &nbsp […]

柿の実

そろそろリスの森の柿の木が熟すころだ。リスはげてものくいだから色々なものを食べるが。柿の木はまともな方だろう。まだ固い柿よりも熟した柿のみの方が好みのようだ。 モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジア動物探検 […]

ヤマネコの子供

名古屋の東山動物園でツシマヤマネコの赤ん坊が公開されるそうだが。見にいつてみたい。今年は二回現地をおとずれたがネコは居てもこうもりはみつからなかつた。ほんとにコウモリは大変だ。人によつてはヤマネコのほうが大変だが。 &n […]

真っ白け

いつ降るかと気が気でない中薪集めでめでふんそうしているが、今朝のスタジオはマッツ白家だった。サルが屋根の上で暴れて起こされたが今日も雪の前の準備で忙しく、カメラを片手に動き回っている。     &nb […]

トガリネズミの巣

空き地のトタンの下をめくったらオオアシトガリネズミの巣が見つかった。本州で言うところのモグラを北の森の人々はもぐらと呼ぶが、これはトガリネズミのことだ。         &nbsp […]

エゾヤチネズミー白化個体

北の森には白いリスもいるがネズミにも白化個体が見受けられる。トガリを載せたのでついでの折にヤチネズミの白化個体も載せておこう。けっしてハツカネズミではないのでお間違いなく。       &n […]

ヒメトガリネズミ

オオアシトガリネズミを昨日上げたが、北の森の写真かたちはあまり興味を示さないようであるが、私は大スクである。確かにヒグマもナキウサギも被写体としてはいいが、ただそれだけであり。北の森には更に興味深い獣たちが暮らしている、 […]

まき造り

昨年かtら除雪機が故障しているので、車が入れなくなる前に薪の手当をしなければなりません。そんなわけであちこちの友達に声をかけて、薪を集めています。山の暮らしはそれなりの大変です。まあ好きできているのですからしょうがありま […]

オオアシトガリネズミ

しぐれそうな空模様雪がさいしょに降るのも時間の問題でしょうか?雲がある成果なにか暖かく感じます。晴れるとマッツ白になるのですが。今日ご覧にいただけるのは北の森のオオアシトガリネズミです。北の森ではモグラと呼ばれていますが […]

アカネズミ?かな

モグラのトンネルから顔を出したのはアカネズミだろうか動きが早くピンズレが起きているけれど、たしかにモグラの穴から出てきたものだ。モグラのトンネルはこのような小哺乳類の森のハイウエーの役目をしている。   &nb […]

Powered by WordPress