Archive for 1月, 2022

ハマシギ

すぐ近くでじっと海辺で固まっていたのがハマシギです。日本にはアラスカ等で繁殖した個体が冬鳥として飛来して越冬しています。個体間の組み換えは少ないようで同じ個体が群れを作っているようです。満潮時だったので岸辺でじっとしてほ […]

ミヤコドリ

東京は天気が続いていますが相変わらず寒いです。そういえば大寒ですものね。まあ仕方ないですが潮位が良かったので近くの海辺の公園にでかけてみました。渡りの時期ではないですがこの時期大した鳥もいないですが、堤防にミヤコドリを見 […]

雪ほじりー2

ここの公園も大勢のBWの方で賑わっています。なかなかヤマシギが見られないので当然なのですが、写真の人は音は取れませんからいくら喋ろうとも関係ないのですが、こちらはその音声も記録しているのでファインダーを見ていないからと言 […]

雪ほじり

前回東京に雪が積もった時シギ類が擬態状態なのでこれはチャンスだと思って、でかけたのですが見事図星でした。このシギ類たちは近くにいても見つけづらい体色で、動かないと見つけづらいですが、この日は雪ほじりで雪で尻もちは付きまし […]

トモエガモ

少し足を伸ばして違うフィールドにでかけてみました。晴れたのはいいのですが風が強く、撮影には向きません。特に動画は影が吹くとろくなことがありません。猛禽類が現れるのを待ち煽られるのを期待しましたが、三脚が風で揺れてしまって […]

凍てつく池

朝公園にゆくとと溜池は氷結していました。ここにはカワセミもやってくるのですがこれでは餌も取れません。日は少しずつ伸びていますがまだまだ寒い日が続きます。         &nbsp […]

ヒクイナ

タシギと同じ田んぼで見つけたのがヒクイナです。草が倒れ田中の小動物を餌にしていました。すぐ藪に体を隠してしまうのですばしこくてヤブから待っての撮影ですが、又すぐ近くの藪に隠れてしまいます。クイナも同じ仲間でここでは両種見 […]

タシギ

アオシギより小型のがタシギです。どちらかと言うとタシギの方がアオシギよりこまめに動くような気がしますが、小型のなので近くにいても見つけづらい気がします。 どちらも落ち葉の茂った中にいる小動物を餌としているようです。残念な […]

初撮り

トラの話で恐縮でした。雪害のために下山して東京にいたためスキャンできませんでしたした。この冬の雪の量は大したことはないとはいえ2m近いですが、寒さがとにかくきついです。北の森とどっこいです。もう無駄な抵抗は諦めました。そ […]

チャンスはそんなに来ない

シカリによってなずけられたチュウチというメスのトラは本当に美しいトラだった。メスのトラは毎晩やってきたが絶対に子供は私の前につれてこなかった。しかしオスのトラは1週間から10日にしかやってこなかった。自分の縄張りの中のメ […]

夜のトラの撮影に成功

何日も待ってようやくベンガルトラはやってきた。シカリはククリナイフを手に窓からかをを出す。赤い減光フィルターをかぶせたライトに浮かび上がったのが本の表紙に使った写真だった。おそらくで世界初めての夜のトラの生態写真だろう。 […]

地下ブラインド

地上がだめなら地下に作ればどうだろうか私は考えた?これなら虎の鼻を開かせるかもしれない。最後の名案かもしれないその場所は川岸の柔らかい壁面だ。早速地私は地下マチャーンの設営に取り掛かった。象使いも面白がって手伝ってくれた […]

地上ブラインドーマチャーン

試行錯誤の結果隠れ小屋を作ることになったのだが、地上に作ると賢いトラに見破られてあえて遠回りにトラは歩いて嫌われているのがわかった。やはり感づかれているのだ。次の日の足跡検索ですっかり嫌われているのがわかった。賢いトラは […]

許可は得たものの

許可は得たものの一体どのようにしてトラに接近すれば撮影できるのだろう。ネパールの国立公園では、昼間象に乗ってトラを探してもその姿をカメラに収める小は皆無だった。それほど野生のトラの出会うことはまずありえないことだった。そ […]

ミシュラ博士

ミシュラ博士にはネパールで本当にお世話になりました。トラに限らずすべて撮影の許可は彼によって出してもらいました。チトワン国立公園何度もサイ捕獲作線では何度も声をかけてもらいました。氏が東京に来たときの群像社の故岩崎監督と […]

Powered by WordPress