Archive for 5月, 2022

薪小屋作り

撮影の合間をぬつて、冬散々薪が雪で凍りついてとれなくなつたので、薪小屋と除雪機の格納庫をつくつています。前に納屋を作ったのですが、雪でつぶれてしまつたのて再構築といった感じです。今度は雪で潰れないように一番雪の少ない木の […]

ツミ

そろそろツミのヒナが顔を出しても良い頃なのですが、親の尾羽根しか見ることができません。あれだけ巣材を熱心に運んでいたのでそれで親の下にいるヒナが見えないのでしょうか? 計算で行くとそろそろなのですが、、、今日も雛の姿は見 […]

カワガラス−4 餌探し

カワガラスの餌は水生昆虫や貝などの甲殻類ですが、見ていると早い流れの中でも餌探しはなんとも無いようで、潜りながら採餌しています。コンクリートについた貝は見つけやすいからでしょうか、人間がいても気にしないで夢中で採餌してい […]

カワガラス−3 消すのに大変

すに飛び込んだカワガラスがヒナに給餌して出てくるまで約10秒ほどです。そこで手でシャッター押したのではとても間に合わないので、シャッターを押しっぱなしにするわけです。設定では70枚、50枚、20枚と選べるわけですが、最初 […]

カワガラス−2

こんなにも難しいとは 120FPSではとても足りません。もちろん早いのはわかっていましたが、これほど難しいとは、、、スチールもそうですが動画も本当に難しいです。カワガラスがすに飛び込んですから飛び出してくるのは約12−1 […]

カワガラス

カワガラスは川のなかにすむ小さなカニ等の生き物を食べて暮らすヒヨドリも少し小さな小鳥です。大して珍しいわけでもなく滝のなかなにも勇敢に挑む鳥で、子育てもそんな滝のなかの小さな穴のなかで行われます。しかしなか中々警戒心は強 […]

アナグマがそろそろ

田んぼの代掻きが終わるとカエルの産卵期が近づいてきます。シュレーゲルアオガエルのメスを狙ってアナグマが田んぼの周りをうろつく季節がやってきます。その成果田んぼの周りでアナグマの痕跡が見えてきます。使っていない道路横の排水 […]

トウネン

夏羽のトウネンの群れがやはり座っている前で採餌してくれました。しゃがんでいるせいかもしれませんが、むしろ近寄ってくる感じで15羽くらいの群れでしたが寄ってきてくれました。シギは夏の山の鳥に比べれば地味ですが、結構マニュア […]

キアシシギ

キアシシギもニューギニアあたりで越冬して日本を経由してカムチャッカで繁殖する渡り鳥です。旅の疲れでしょうかその日も人を気にするでもなく干潟で採餌していました。まあこちらも網の浦でじっとしていて動かないのでそれほど警戒され […]

アジサシ

西の方の海辺ではアジサシの群れが採餌していました。100羽近くいるでしょうか?これから繁殖に向かう栄養補給でしょうか。あるいは繁殖のための栄養補給でしょうか?日本ではわたりのルート にあたり各地で観察することができます。

三番瀬

シギ地での撮影は天気と潮の満ち欠けとの人との出会いの掛け合わせで決まってしまう。当然満ちてきている潮のほうがより近づけるし、潮干狩りの多い日には鳥は逃げてしまう。そしてこの無粋な網がレンズを出すのには邪魔であるけれど、こ […]

オオソリハシシギ

広いシギ地で最初に目にはいつたのがオオソリハシシギでした群れになつたものもいましたが、この個体は一頭で餌探してしていました。渡りの途中で空腹なのか余り人間のことは気にしていないようでした。アラスカの繁殖地迄、一万キロの長 […]

シギ地

上京したおりに来ようと思っていたシギ地に天候の具合でようやく訪れることができました。もう少し早く来たかつたのですが、この時期色々あつてまた天候の加減もあつて訪れられませんでた。朝5時おきは仕方ありませんが潮の関係で仕方が […]

漸く桜が満開です

庭の桜が漸く満開です。北の根室の友達も話していましたからどっこいどっこいですね。雪も消えましたが天気の具合が芳しく無くてまた環境省からの許可書もあと2箇所来ないので、待機状態を余儀なくされています。3月に出しているのです […]

ニホンリス−4

どうやらことしの子供のような個体を見つけました。顔が幼いですね。それでも大人顔負けでガリガリモードで餌を探しています。行動は成獣と変わりません。ちゃんと地面の下のクルミを探し当てて掘り出してはかじっていました。

Powered by WordPress