石垣島−6 リュウキュウユビナガコウモリ

幾つかの鍾乳洞にサキシマハブにおののきながら入洞した。草に覆われた藪に入るのはどうしても気が引ける。まあここはホンハブやタイワンハブ出ないだけまだましなのだが。霧雨だが気温は25度前後、道内位はそれほど温度が変わらないからコウモリにとっては安住の地だ。ここでユビナガコウモリを見つけて撮影した。撮影できたのは半冬眠状態だったからで、それほど多くない群れが鍾乳石に固まって眠っていた。なお本州の個体よりファインダーを覗いた感じでも少し小ぶりな感じがする。しかし目覚めて飛んでいる姿を撮影すると、少し翼がブレていて翼の形からかなり高速で飛行していると思われる。つまりストロボの閃光時間にもよるが、それでも翼の先が止まらないほどの速さでユビナガコウモリは飛ぶということだ。
DSC09397

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress