カグラコウモリ

近寄ってみるとやはりカグラコウモリだった。その数ざっと120-150頭くらいでカグラコウモリは完全に眠っているようだ。彼らが起きないうちにここでも手短に撮影を開始した。カグラコウモリはコテングコウモリのように密集して眠っている形は取らず、まとまってはいるがある一定の間隔を開けての冬眠状態だ。これは距離を撮ることで縄張りを持っていると考えられている。体が大きいから体温保持についても、小型のコキクガシラコウモリより有利なのだろう。前回鍾乳洞では彼らのアップも撮れなかったが、今回は手に取れる距離なのでアップも可能だ。超音波の発信機能を持つという鼻葉は、キクガシラコウモリの形態とは違うがこの種もかなり特徴的だ。
カグラ西表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress