徹夜明けー会いたくないあいつ

眠い目をこすりながら徹夜明けで、さらに北にある廃坑に向かった。先月入った時に居たコキクとユビナガにもう一度会いたいと思った訳だ。やはり欲張りが過ぎたのかもしれない、廃坑ではコキクがこの暖かさで既に起きていて撮影はままならなかった。ユビナガはどうだろうだろうと廃坑の中を探すと、アレエエエエ!2m先に見慣れない黄色い紐が。しかもよく見るとLEDに照らされて銀色の目が光っている。やばい!とっさで固まってそれが本ハブであると感じると、コウモリどころでは無くなった。あのまま気が付かなかったら狭い坑道で間違いなくお陀仏だった。しかし転んでもただでは起きないカメラマン性分。悔し紛れに4カット撮ると、ハブはS字型の攻撃態勢で威嚇。早々後ずさりしながら廃坑をあとにする。廃坑に入る時はくれぐれも入り口には注意しているが、穴の中でも気を抜くことは許されない。洞外の寒さを避けて越冬を決め込んでいる、動物がいることに十分注意が必要である。
DSC02882
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress