スタジオに戻って

1か月余りにわたって北の森でロケをして戻ったスタジオは、それでもまだ雪が1.5mほど残っていた。道をあけて何とかスタジオに入れるようになったのだが、まだストーブは欠かせない。今回の旅でS社の高感度カメラを使っているのだが、電池には泣かされた。まあわかっていることながら北の森では使い物にはならなかった。色調や高感度はまあ使えるのだが、電池に至ってはまるで駄目である。恐らく噂されている新機種では新しい電池になると思われるのだが今使っている機種はカプラーを介して使うしかない。それを使ってもー10度くらいで電池のためにエラーになってしまう。隣で同時に使っているC社もP社も元気で動いているのにだ。カメラの償却期限は5年だが、この機種についてはとても持たない。新しいカメラに買い替えろ!っていうことなのだろうが、30万近く出させておいてそれはないだろうと思う。S社のカメラはある意味魅力的だが、あまりにも机上の空論で設計しているのか、正直ちょっと使えないなと思ってしまう。北の森に厳寒期に行く人はこのカメラは持参しないほうが正直いいだろう。スタジオに帰ってくると、谷川岳の残雪がまぶしかった。毎日ロケのデジタル処理で大変だ。
DSC_0271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress