ハヤブサー羽根をむしる

給餌した後また親ぐすぐ戻ってきた。何かと思ってみると足にはしっかり餌がつかまれている。樹に留まると羽根をむしり始めた。小鳥ではないが少し大きな個体。羽根に縞模様が見えるが離れているために確認できない。今回は殆ど800mmwを使っての撮影で、距離は100mは有るだろうか?マイクロフォーサイズならこの距離でもなんとか絵にできる。FULLサイズ高画質で撮影しても結局は切り出して使うのが落ちだから、こちらのほうが便利ということだ。この辺の理屈をニコキャノ爺にはまだ判ってもらえないのだろうな。ただあまりにも寄れるために風でレンズが振られただけでもブレるのが玉に瑕だ。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress