ノドアカタイヨウチョウ

今回最後に回った森がマングローブの森でした。この森はメヒルギが背を伸ばして10m近くありました。マングローブの種名はわかりませんが、このように背の高いマングローブは初めてです。ここで見つけたのはやはり非常に見にくいと云われるノドアカタイヨウチョウです。カンボジアからブルネイまで、熱帯のマングローブに生息しているようですが、なかなか私達の目の前でじっとはしてくれません。道端に咲いた咲いた花に来ては、蜜を吸っています。アフリカでも数多く見ましたが、この鳥の仲間の金属光沢はまさに飛ぶ宝石と云っても可笑しくないでしょう。タイヨウチョウの仲間の飛翔は特に俊敏で、ファインダーのかなに入れるのも結構コツがいります。

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress