ホンドタヌキ

まだスタジオの庭には1m近い雪が残っている。雪明けのこのごろ、吹雪だと姿を見せなかった、タヌキの家族が毎晩姿を見せている。前にも書いたが4頭いた子供たちは1頭に減ってしまった。お母さんについているのは、どの子供だろうか? 普通オスの子別れはカモシカなどでは遅れるといわれるが、タヌキも同じなのだろうか?また同じ時期に生まれたほかの子供たちはどこに行ってしまったのだろうか?お母さんタヌキは子供のタヌキのグルーミングをいまだにしている。人間のオスも手がかかるといわれるが、タヌキも同じなのだろうか?そんなことを考えながらシャッターを切った。

Leave a Reply

Powered by WordPress