マルビナス諸島の地雷原

マルビナス諸島(フォークランド)は現在イギリス支配下に置かれていますが、アルゼンチンとはその領有権を巡って戦争をしたのをご存知でしょう。荒涼とした大地を道から外れると、そこは地獄の1丁目になるのです。ここには無数の地雷が埋められ立ち入ることは死を意味します。イギリス人たちはそこで占有権を主張していますが、まあここがイギリスだとは誰も思わないでしょう。正義よりも声がでかいほうが勝つ、というのは世界の常識ですが、アフリカに行っても彼らはでかい顔をしてビザを免除してもらったり、永住権をとったりやりたい放題やって居るのが現状でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress