キングペンギン−3

個人としてはそれで収入は得られるわけですが、国家としてはそれでは成り立ちません。そこでイギリス人たちは島の周りの資源に目をつけ始めたわけです。水産資源は日本やアジア諸国へ入漁料として売りつけ、海底に眠る石油の開発も進めています。今晩みなさんが食べるスルメやイカ刺しは本来ならキングペンギンのお腹に入る魚だったかもしれないのです。アルゼンチンの主張の大陸棚350海里が国連によって認められました。果たしでイギリス人たちはこの地を捨て去るでしょうか?ペンギンの裏にいる羊たちを見ながら、そんなことを考えながら撮影していました。

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress