アルビノのエゾリス−4

やはり自分が目立つのを意識してか、この個体動きが非常に俊敏でなかなか手ごわい。絶えず動き回るほうが目立つような気がするのですが、一時もじっとしていません。普通このような個体は目立つので、早めに敵に襲われる可能性が高いのですが果たして今後どうなるのでしょうか?それと共に、このアルビノの白い因子がメンデルの法則のごとく、来春子に伝達されるのかも興味深いところです。まあ白い子リスはまず出ないでしょうが。

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress