ツキノワグマのサインポスト

道からそれて沢筋を登攀すること15分ほど、杉の木につけられたクマのサインポストを見つけました。北の森なら間違いなく護身ガスを持参するのですが、本州なら気楽なものです。そのかわりこのような沢筋はマムシが居たりしますから、踏まないように気をつけなければなりません。昨年も危うく踏みつけるところでした。まあスタジオの周りにしろ少し降りた下界にしろ、このあたりは関東でもクマの多い場所ですからドってことはありませんが。この杉の木は見事樹皮を剥がれ、枯れてしまっていました。ツキノワグマの皮剥は林業家にと行っては迷惑この上ない仕業です。太いだけに樹液もたくさん出るので、クマは縄張り宣言とともにこの樹液を舐めると言われています。

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress