40KHzで啼いている

村内の小川の上でコウモリが飛び出しています。先日入った坑ではまだぐっすり眠っていたコウモリたちですが、種によっては当然昆虫も動き出していますから活動を開始しています。今年は報告書の印刷がまだなので、役所への申請が済んでいない関係で、手にとることができないので坑に入ったり目視したりの毎晩です。近々印刷が済めば今年度の申請となります。南の森の許可書はすでに来ていますが、北の森の申請はこれからです。そんな折村内のコウモリの観察で40KHzで啼いているコウモリたちの姿を見つけました。測定器の誤差もありおそらくアブラコウモリだと思われますがここは標高1000m近いのでモリアブラかもしれませが、啼き声だけではなんとも同定し難い昨晩でした。この場所以外でも姿は闇夜で微かにしか見えませんが、20KHzで啼いている大型の種や、65KHzで啼いているキクガシラコウモリだと思われる個体も居て賑やかです。遠いですが飛んでいるコウモリが見えるでしょうか?

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress