システム移行ーBat flying system 2

コウモリの飛翔撮影にBat flying system-1をずーっと使用してきたのですが、回路設計自体がアナログでセンサーの信号をエラーとして受けてしまうことが合ったので、天気が悪いこの時期にシステムを更新して新しいデジタル回路にしてみました。この回路ならコウモリの種類によって飛び方がどんなに早く翼がセンサーを横切っても,信号を保持する保持回路を入れたので間違いなくシャッターをきることができます。ウサギコウモリやコテングコウモリは翼の形が幅広くホバリング的な飛行も可能ですが、ユビナガコウモリなどはイワツバメのように翼が細くスピードが有る飛び方で獲物を探しています。このようなコウモリの飛翔を撮影するには、野生状態ではファインダーに入れ込む自体がかなり困難です。しかし撮影歩留まりがより上がるように回路変更したお陰で、どのようにセンサーを瞬時に横切っても必ずその信号を保持するため、間違いなくシャッターが切れるわけです。以前は横切る速度が早すぎると、カメラまでその信号が行かずシャッターが切れないこともありました。これなら昆虫などの高速で飛ぶ被写体もかなり歩留まりをあげられそうです。カメラ4台まで同時にシャッターを切るように作りましたが、セット自体が狭いので3台で運用しています。フレーミングをする時は相手は飛んでるわけで、カメラがシャッターを切るまでの電気的な誤差も考えないと、後ピンの写真の量産という結果になります。このへんは試行錯誤でピントの位置をずらすしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Leave a Reply

Powered by WordPress