キクガシラコウモリはバラけて寝ています

コキクガシラコウモリはコロニーを作っていましたが、キクガシラコウモリは写真のようにバラバラで眠っています。沖縄のカグラコウモリもそうですが、なにかわけがあるのでしょうか?これだけ眠っているキクガシラコウモリですが、一頭だけ起きている個体が必ず洞には見つかります。群れのガード役なのでしょうか?いつも気になります。この一頭が寝ている仲間たちになにか警戒音を発信しているのか、寝ているキクガシラコウモリの伸ばしている先日の写真のような足が縮み始めるのです。小笠原が台風で相当荒れています。あれだけ荒れていたら、オオコウモリたちも相当被害にあっているのではと、気にかかります。その点今日のような洞窟に住むコウモリたちは、気温も一定で台風などという気象の影響も受けないわけで、完全に環境に適応しているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

Leave a Reply

Powered by WordPress