サルクイワシ-ミンナダオ島 

営巣木のラワンの樹は根本を11人で取り囲むような大樹だつた。酷いもので日本がこの当たりを残して統べて森林を伐採してしまつて残された場所はこの当たりだけだつた。そこへ日ので前にブラインドに入り日没後出てくる撮影がはじまつた。サル食い鷲の親はよく枝を巣に運んだ。この葉が消臭材なのかた陀の補修なのかよくわからなかつた。巣にはほとんどほとんどメスが雛を守り、オスはさつさとハンティングに出掛けた。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

Leave a Reply

Powered by WordPress