サルクイワシ−4

育ったヒナは単独でいるときが多かった。明日がハントしてくるサルはボロ雑巾のようになって運ばれることが多かった。この巣の唯一の難点は左半分が見えないことでおそらくオスはそこでハンティングをしているのだろうけど地形的に無理でした。大方サルでしたがときには蛇をくわえてくました。一体どのように見つけているのか。普段我々でも見つけられないのに。おそらくサルクイワシはクマタカ系ですから、森の中を低空で飛んで獲物を探しているのでしょう。よく犬がさらわれると村人は話していました。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

Leave a Reply

Powered by WordPress