ホンドギツネ

ここの所天気は良いのだが、毎日夕方になると夕立の豪雨。急に降り出してきてはそのうちあがってしまう。そんな降り方の毎日だ。しかし森の中のカメラは防水仕様だから、そんなことではびくつかない。仕掛けカメラだが、正直自分の目で見てシャッターを切ることが基本だと考えている。と言うより、動物たちを見たくてこの仕事をしている私にとっては、一番おいしいところを機械にやらすのは正直好まない。しかししかけで無ければ撮れない写真があるのも事実で、そんな時は割り切って道具として利用している。いずれにしてもレンズを等して、動物たちの生態を語ると言うことでは同じ事だから。そんなわけで、今日はホンドキツネが獣道を使っていた。この道の奥は山だが、キツネは昼間涼しいそんな山で、この夏を乗り切っているのだろう。

Leave a Reply

Powered by WordPress