シントウトガリネズミ

夜の見回りではなく昼の見回りで見つけたのは、なんとシントウトガリネズミだった。幼獣なせいか体が小さいのでアズミトガリネズミかと思ったが、体長53.40mmに対して尾の長さが51.15mmしかない。探しているアズミトガリはシントウトガリネズミより尾が長いのだ。残念!そんなわけで今晩は場所を少し下に移動してみた。
IMG_9577

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好評発売中
365日出会う大自然 森に住む動物
日本哺乳類大図鑑
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

Leave a Reply

Powered by WordPress