イワトビペンギン−2

英名が示すとおりイワトビペンギンはヨチヨチ歩きのペンギンではなく、まさにピョンピョンと飛び跳ねながら歩くペンギンです。海岸からルッツカリーまでは結構な距離があるのですが、高い段差も飛び跳ねる強い跳躍力を持っています。この島に住んでいるのはニシイワトビペンギンで、イカ漁の影響をモロに受けている種類と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

イワトビペンギン

フォークランドには5種類のペンギンが住んでいますが、それぞれが生活の場を分け合って別々の島で暮らしています。中でもイワトビペンギンのルッカリーは急斜面に作られていました。おそらく数千近いイワトビペンギンが、繁殖のためにこの島を訪れます。

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

キングペンギン−3

個人としてはそれで収入は得られるわけですが、国家としてはそれでは成り立ちません。そこでイギリス人たちは島の周りの資源に目をつけ始めたわけです。水産資源は日本やアジア諸国へ入漁料として売りつけ、海底に眠る石油の開発も進めています。今晩みなさんが食べるスルメやイカ刺しは本来ならキングペンギンのお腹に入る魚だったかもしれないのです。アルゼンチンの主張の大陸棚350海里が国連によって認められました。果たしでイギリス人たちはこの地を捨て去るでしょうか?ペンギンの裏にいる羊たちを見ながら、そんなことを考えながら撮影していました。

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

キングペンギン−2

台風に続いて北の森では地震でずたずたです。友人たちに連絡しましたが幸い大きな被害はなかったようで一安心しました。災いはどこから降り掛かって来るかわかりませんから、気をつけなければと自問自答しています。それにしても震度2で電源がなくなってしまう原発は、まったく学習していませんね。まあ時の話題はこの辺にして、この島での撮影はスタンレーから飛行機で通うわけにも行かず、バンガローと呼ばれる小屋に泊まって行いました。キングペンギンは南極大陸では繁殖しておらず、南極圏で繁殖するペンギンです。体長は1m弱でコウテイペンギンについで大きいペンギンです。潜水能力も高く推進水深220m近くまで潜って、ハダカイワシなどの魚を食べて生活しています。ちょうどペンギンたちはルッカリーと呼ばれるコロニーを作って生活していました。

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

新しい動画自動撮影装置

東京から弊社の技術顧問がお見舞いがてら台風の中、やってきました。先日秋葉原で買った部品も揃ったので作っていた自動撮影装置のテストです。山の中においている動画撮影用のsonyのビデオカメラはは山中に置きっぱなしにしているため、やはり湿気とかで故障することが多々あります。そこで修理に出したのですが、当該機種のパーツがもう無いとかで代官品でということになったのですが、sonyは機種が変わるたびにインターフェースを変えてくるので、今まで使っていたケーブルでの使用ができなくなってしまいました。sonyのリモコンの信号系統は解析してわかっているのですが、コネクターをUSBに変えて来るので使えなくなってしまったので作り変えたわけです。外にでれないこんな時期ですから、画像のデジタル処理とかこんな製作作業をするしか仕方ありません。前回はリレーを使って制御していたのですが、今回からコンピューターに書き込んでのデジタル回路にしました。回路の使用電流は2mAですから、ほとんど電流は食わず山で動いてくれることでしょう。左側の電源基板は中華製の可変電源にできるすぐれものです。sonyのhandy camなら制御しますからご希望の方は弊社特機部の方へお問い合わせください。

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

台風接近

昨日からスタジオでは風も雨も吹き出しました。まあ蟄居の身にはどうせ外に出られないので、部屋に閉じこもるか仕方がありません。関西空港の絵など見ると、その猛威に驚かされますが、被害が少ないことを祈るばかりです。山の動物達はこんなときはどうしているのでしょうか?まあ野生の身にはそれなりの適応能力がありますから、なんとか生きているでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

キングペンギン−1

なぜフォークランドへ行ったかですが、ここは人間が住んでいる南極圏の北限だからです。南極まで行かなければ見られない動物たちが居る、とても良い撮影ポイントですが、ほぼ観光客はいないのでゆっくり撮影も可能だし、その距離も近いので好都合だからです。これらの動物たちは個人の私有地に住んでいるため、入園料を払っての撮影になります。この入園料が羊の放牧より今は島の住人の収入源になっているようです。そんな訳で南極圏2番めに大きいキングペンギンからの撮影になりました。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

マルビナス諸島の地雷原

マルビナス諸島(フォークランド)は現在イギリス支配下に置かれていますが、アルゼンチンとはその領有権を巡って戦争をしたのをご存知でしょう。荒涼とした大地を道から外れると、そこは地獄の1丁目になるのです。ここには無数の地雷が埋められ立ち入ることは死を意味します。イギリス人たちはそこで占有権を主張していますが、まあここがイギリスだとは誰も思わないでしょう。正義よりも声がでかいほうが勝つ、というのは世界の常識ですが、アフリカに行っても彼らはでかい顔をしてビザを免除してもらったり、永住権をとったりやりたい放題やって居るのが現状でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

サンチャゴからいよいよフォークランドへ

氷河を撮影してサンチャゴまでバスで出て、ラン航空で目的地のフォークランドへ向かいます。チリは南北に6000km以上も海岸線が連なる海洋国家です。魚市場には海産物が盛り沢山、いつまでも居たい街でした。しかも南米のC国家ですから目移りがして仕方がありません。飛行機は数時間でフォークランドの首都マウントプリーサントに付きました。簡単な入国審査で予約していた宿に付きました。フォークランドはその昔捕鯨基地として栄へ、当時のアメリカや英国が競ってここで鯨の油を絞っていたのです。まあ散々勝手なことして今は日本を非難していますが。その頃の名残の鯨の骨で作ったモニュメントが、スタンレーの町の教会に設置されていました。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ペリト・モレノ氷河

いよいよ9月、なんとかヨチヨチですが歩けるようになっていますが、まだ力を入れると痛く踏ん張れません。
さて旅を続けますが、日本人ならアルゼンチンからチリの入国は簡単に済ませ、いよいいよパタゴニアに入ります。ここではアルゼンチンとは打って変わって氷河の山々が連なっています。ペリト・モレノは氷河崩落が見られるロス・グラシアレス国立公園として知られています。風景写真家ではない私は、お上りさんですからそのへんは旅のついでに回って撮影してみました。その氷河の雄大さは日本のものとは桁違いでした。今なら当然ドローンを取り出しての撮影でしょうが、この頃はそんな撮影機材はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

 

 

グアナコ

アルゼンチンの大平原を一路南に進むと、途中休憩所でバスは止まります。なんせ1時間走っても地平線しか見えないこの国の広さは、私の想像を遥かに超えています。そんな折に見つけたのがグアナコです。云ってみればラクダの仲間ですが、近縁のリャマとかも含めてまだ分類が確定していません。かつてはかなりの数がこの地にいたそうですが、良質の体毛と肉を求める人間によって乱獲され、絶滅寸前まで減ってしまって今は厳重に保護されています。やはり警戒心は強くすぐ立ち去ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

 

マゼランペンギン−2

動物園でよく飼育されているのがこのペンギンで、数も多く保護上の問題はない種類ですがそれでも準絶滅危惧種になっています。訪れたのがちょうど繁殖期で多くのペンギンたちが、子育て中でした。生後9−17週で巣立ちすると言われていて、荒れ地の彫りやすい場所に巣穴を掘って子育てしていました。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

マゼランペンギン

マゼランペンギンは南極圏までは生息していないけれど南米の南端部の両岸に住むペンギンたちです。アルゼンチンの旅で寄ったブンタトンボ(南緯45度)での撮影でした。繁殖期にはこのように上陸しますが、それ以外は洋上の暮らしです。日本の動物園でも見かけるお馴染みのペンギンです。

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミナミゾウアザラシ−3

キタゾウアザラシも北米大陸で撮影しましたが、顔つきはほとんど同じです。なぜこのように離れた場所で暮らしているのかはわかりませんが、ここアルゼンチンでも海岸に横たわっていました。正面から望遠レンズで撮影するとそのノッペリ感がわかっていただけるのではないでしょうか?体重はまだ若いですが、2t近くはあるでしょうか?クジラには全く興味がありませんが、海獣はとても興味のある被写体です。

 

 

 

 

 

 

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

NHK 栗御大の番組 夜10時から

今日は栗御大の番組があると連絡が来ました。お時間あれば是非ご覧ください。栗御大とは40年に渡り楽しい思い出が多々有りすぎます。写真は埴爺が生きてるときに栗御大が埴爺宅に来宅した時のもの。生物写真界の2人の巨塔が揃ったこんな風景も、撮れなくなってしまったのが寂しいかぎりです。

http://www4.nhk.or.jp/professional/x/2018-08-27/21/11085/1669490/
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)
野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Powered by WordPress