廃坑探索

とにかく昼間はできる限り穴探索するしか探しているコウモリに出会える可能性はありません。昨晩もスペクトラム検知器で河川敷や森の中を探索しましたが、反応音声は入りませんでした。穴に入ってもまだコウモリたちは寝ていますから無理からぬところです。この穴に限りませんがこの島のコウモリたちは部分白化している個体が多くなんでなのか気になります。写真はコキクガシラコウモリの冬眠集団です。250頭プラスは確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

イノシシ

獣道に入り込むとそこかしこでシカやイノシシに出会うのがこの島です。その御蔭で田んぼには柵が置かれていて入りたい場所にも入れません。今日もお呼びでないイノシシが烈火のごとくカメラの前を疾走してゆきました。こいつが出るようになるとネコが嫌がってでなくなります。しかし今回はツシマテンがまだご挨拶をしに来ていません。姿は見るのですが、、、

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ツシマヤマネコーカメラ舐めんなよ

昨年の秋入れなかった林道も今回は入れるようになっていました。この林道は私がヤマネコ林道と名付けた林道です。昨日の足跡もこの場所で見つけたものです。今日の動画もそこで撮影したもので、この場所で出会った昨年の個体と同じ個体だと考えます。カメラが余程気になったのかネコの方からご挨拶に来てくれました。にゃろめ!

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ツシマヤマネコ

なんと行ってもこの島を代表するヤマネコが住んでいるのがなんと言っても特徴的で、ヤマネコ以外にもこの島独特の生き物が魅力的です。更新世の中頃までは日本はアジア大陸と陸続きであったと考えられています。しかし更新世の末期には東シナ海が拡大してきて朝鮮半島と日本は切り離され、それまで大きな湖であった日本海は東シナ海とつながったと考えられています。その時からこの島は取り残されたアジア大陸との共通種が生きながらえてきたわけです。しかしヤマネコが住んでいると言っても島に人は殆どその姿を見たことがありません。せいぜい足跡の痕跡とかたまに道に飛び出してきた時に見るくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ヒバリ

田んぼに渡ってきたのはミヤマガラスだけではありません。どこかで見たことが?と思って田んぼを見るとヒバリが群れを作って田んぼで得すぉ探しています。頭の飾りがよく目にいかなかったのでもしや、、、とも思いましたがやはりヒバリのようでした。稲の草に隠れるとまったくもって見つけにくいですね。こんな群れになってこの時期行動しているのですね。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

春進行中

桜もほぼ葉桜状態で田んぼには菜の花が咲きほこっています。今年の冬はスタジオでも雪が多く除雪も大変でしたから、何かウキウキした気分になります。毎日この森を歩いていると、春の息吹を感じますが田んぼはまだグラウンド状態のままですが、耕作されていない田んぼは緑の下草が生えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミヤマガラス−3

田んぼの周りで鬱陶しいいくらい毎日見るカラスですが、余り都市部で見ることは無いようで、この用の休耕田や畑でもっぱら昆虫や小動物を漁っているようです。結構警戒心は薄く散歩の人が近づいてもそれほど警戒しないで、エサ取りに夢中になっていました。まだこのあたりのミヤマガラスは渡っていませんが、彼岸も過ぎたことですから大陸に戻るのも時間の問題でしょう。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミヤマガラス−2

かつては西日本に多く見られたミヤマガラスですが、現在では関東周辺でも多く見られるようになっています。この群れの中にコクマルカラスの個体も入っていることが多く時として数千羽の群れになることもあるようです。時として上空に舞い上がった群れがこのように乱舞して大陸に渡ってゆくといいます。島の方に聞くと渡るときは、かつて伊勢の海で見たヒヨドリの渡りのようにように、海すれすれになって渡ってゆくそうです。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミヤマガラス

見回っていた田んぼに渡ってきたのはツルだけではありません。ここで群れている見慣れているカラスたちも実は大陸から渡ってきたカラスたちです。群れになっていますが少しいつも見るカラスたちとは行動が違っています。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

カルパート探索

今回の目的はやはり冬眠中のコウモリを探すことにあります。そこで前回見つけてあった穴を訪ねています。穴と言っても色々な穴があります。廃坑は勿論ですがこの島に多い戦争遺跡のそうですし、道路下に作られたカルパートもそうです。案外このカルパートに置いたカメラに、クロアカコウモリが写っていたことがあり毎回いそうな場所は見ている訳です。写真のカルパートもキクガシラとユビナガ、モモジロが見られた場所ですが、この日は何も見つかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ゴイサギ幼鳥

昼は穴探しで走り夜の部はもう一つのテーマである田んぼの見回りになります。ある川の淵を照らすと目がぎょろりと光りました。すわあいつかと思ってレンズを向けると、ゴイサギの幼鳥ホシゴイでした。スタジオの周りではなかなか見る機会が少ない鳥です。ササゴイかなと思いましたがまだこの島には早いと思いなおしました。しかも9時を回っています。もろ夜行性なのでゴイサギではないかと思ったわけです。

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

なかなか降りてくれません

毎日数百と言うツルが渡っているのになかなか降りてはくれません。19時頃空を見上げるのですがそんな日でした。北西端を見渡せる場所から双眼鏡で見てみましたが一体何処を飛んでいるのでしょうか?試しに草を投げて風向きを調べ行方と南風でした。やはりツルたちはこの風に乗って北帰行をおこなつているのでした。ツルたちはやはり賢いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ツル北帰行-3

次の日もツルたちはまだ旅立たないで田んぼで餌を啄んでいました。つまりこの時期の島の天候はあまり良くない訳です。風は冷たく強い北風が吹いていました。こちらも田んぼの端で震えながらの撮影です。上空に上がればこの島から恐らく韓半島は目と鼻の先のような距離です。それでも有視界飛行ですから、目視できなければこの島で栄養を補給しての旅だちとなります。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ツル北帰行-2

この島にツルが降りるのはあまり天気が良くないときです。天気が良いとツルたちは一気に九州から韓国にわたってしまいます。彼らにしたらこの距離は度ってことないのでしょうね。この日も田んぼに60数頭のナベヅルとマナヅルの混成団が舞い降りていました。佐世保を15時に通過したツル達は、この場所には19時頃やって来ます。早いですね

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ツル北帰行

この時期にこの島に来たのはやはりツルの北帰行もあるので合わせたとも言えなくは有りません。勿論主目的はまだ出会えていない2種類のコウモリなのですが、、、どうせならなるべく合わせて撮影したいという思惑もあります。昨年はマナヅルの北帰行を撮影できました。どちらかというとマナヅルの北帰行のほうがナベヅルよりも幾分早いのが通常で、ことしはその北帰行自体も10日早く始まったようです。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Powered by WordPress