ズグロジチメドリ

今日も地味なチメドリの紹介です。ブラインドにこもってようやく出てきてくれたこの鳥も、林床にいることが多く目にする機会はなかなかありません。とにかく暗い中での撮影でストロボを炊きたいのですが、炊いて逃げたらもうチャンスはないのでじっと我慢。感度を上げ動きが少ない時にシャッターを切るように心がけました。まあこんな時にはSONYの高感度カメラは非常に役に立ちます。欲を言えばより高感度機により明るい300mm F2.8で撮影したいですが、機材の重さ制限のせいで持ってこれません。ブラインドに入れば寄れるのでやはり熱帯アジアの森での撮影には欲しいレンズですね。 
DSC08728

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

タンビムジチメドリ−2

今日の写真なら短い尾の特徴がわかるだろう。この種は群れで行動することが多いがタンビムジチメドリは多くせて2頭ほどの群れしか作らない。分類が結構難しいらしくてメジロ科に近いようで、外来種として問題になっているガビチョウも近縁種だ。なかなか渋い鳥だが林床を元気よく飛び回っていた。
P2360781

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

タンビムジチメドリ−1

森の中でブラインドを張っているとこの森では6種類ほどの小鳥が入れ替わりやってきてくれた。頭に鶏冠がるのはなかなかお目にかかれないタンビムジチメドリだ。タンビは短尾の意味でこの写真では分かりにくいが、短い尾を持つことから名付けられた。長い脚も特徴の一つで頭の飾りが可愛らしいが、暗い森で生活しているのでなかなかお目にかかれないし、動きが敏捷で撮影しづらい小鳥だ。
P2360756

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

スジムネアオゲラ

同じマングローブの森で見つけたのが頭の赤いオスのスジムネアオゲラだ。メスの頭は黒く2羽で動いていたから繁殖期に入っているのだろう。暗いマングローブの中でもオスのトサカの赤さは目立ったが、もう少し光が入れば更に綺麗に撮影できただろう。
P2380120
 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

マングローブヤイロチョウ

ヤイロチョウは奥山の森の中にいるだけとは限らない。名前のとうりマングローブの森に住むヤイロチョウもいる。マングローブなら餌になるミミズや小動物も豊富にあるから、本来はここがヤイロチョウの本拠地なのかもしれない。引き潮で露出した川底を歩いて餌を探していたが、見つけた時間も遅かったせいかやはりマングローブの森は暗い。その綺麗な金属光沢は鈍りがちだ。
P2370812

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ハチクマ

日本の白樺峠などではその渡りが見られるが、その後の経路は大陸に渡りインドシナ半島を経由して、インドネシアまでの経路が人工衛星による補足でわかっている。まさに大旅行するハチクマは白樺峠で見た個体だったかもしれない。熱帯雨林の上空を旋回していたが、ハチを見つけたのか急降下して視界から消えた。こんな時は三脚から外して手持ちで撮影しなければならないが、その時動画での撮影は中止しなくてはならない。
P2360518

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

カワリサンコウチョウ

日本のサンコウチョウは黒い体色だが、この鳥はまっ白く森の中でも良く目立つ。目立つせいか動きは敏捷でなかなかじっとして写させてはくれない。しかも止まる場所は高く撮影しにくい鳥だろう。長い尾を靡かせながら飛ぶ姿は優雅だか、じっとしてくれないのが難点だ。東南アジアにかなり広く分布して沢山の亜種に分かれているようだ。
P2370384

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

クビワヒロハシ

マレー半島、スマトラ半島、ボルネオの湿った熱帯雨林に生息するのがクビワヒロハシだ。ガマ口のような嘴が撮影していても嫌でも目につく。おそらく何か訳があるのだろう。案外おっとりした小鳥でしばらくじっとしていてくれたので、撮影はしやすかった。
P2370579

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ミドリヒロハシ

まさに飛ぶミドリの宝石のような小鳥だ。ただし、生息する場所は暗くなかなかその金属光沢が出ているか心配だ。図鑑ではヤイロチョウに近いところに載っているが、スズメ目ヒロハシ科で別のようだ。主に熱帯常緑樹の密林にあるイチジクを食べている。暗くてブレが心配だったが、こんな時は電子シャッターで素早くシャッターを切れば、何枚かは使えるものが撮れる。機会シャッターだと感度を上げてもブレてしまうだろう。動きは俊敏で早くシャッターを切らないと、宝石は飛び去ってしまう。モタモタしていたら撮影できない。
P2370410

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

キマユシマヤイロチョウー♂

やはりオスは綺麗だ。胸が暗がりでも青光りしている。ストロボを使えばもう少し綺麗になるのだろうが、驚かせて再来がなくなったら問題なので使えない。とにかくこの仲間は警戒心が強いのだ。あまり高いところを飛ぶわけではなく、低いところでミミズや昆虫などの小動物を探して食べている点は日本のヤイロチョウと酷似する。やはりこの金属光沢はストロボを炊きたい被写体だ。とにかく撮影場所は暗い。
DSC08894

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

キマユシマヤイロチョウ ー♀

ブラインドに篭りようやく出てきたのが、今回見たかったヤイロチョウの一種だ。この時期ペアリングが済んでいるはずだが、このメスは一羽で行動していた。オスの抱卵はまだ早いような気もするが、もう始まっているのかもしれない。メスでもこれだけ綺麗なのでオスはさらに綺麗だろう。
DSC08509

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

コガマグチヨタカ

この国にはガマグチヨタカの仲間が4種類いるのだが、コガマグチヨタカだとは思うのだけど名前が不確定なので表題のようにしておく。ジャングルの奥まった藪の中の小枝に止まっていた。ほとんど動かずたまに首をゆっくり動かしてこちらを見ていた。体調は20cm位だろうか?日本のヨタカは地面に降りて休んでいる所を昔撮影したが、コガマグチヨタカは木の枝に止まっていた。
C0010T01

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

オオフクロウ

こんな写真で恥ずかしいのだが、私の場所からは葉が邪魔して確認の写真しか撮れなかった。ポジションの位置で同行した友達が良い場所から抜けた写真を撮っていた。撮影はポジションで全て決まる。オオフクロウは暗くならないと森から姿を現さなかった。名前の通り非常に大型のフクロウだ。
P2370722

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ニセメンフクロウ

まさしく居るべきところにいるだろうなという場所が、ニセメンフクロウが生息する竹林だった。このフクロウは小型で体長30センチ有るか無いかだ。薄暗い竹林の藪の中、微動だにせず眠そうにこちらのことを見ていた。暗かったがストロボは使わず何とか写し撮ることができた。
DSC08829-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

マレーモリフクロウ幼鳥

マレーモリフクロウ幼鳥は親に似てお目目パッチリで可愛い。雛はこれだけ大きいからほとんどが1羽だ。藪のベットでそよ風に揺られながら私の方を不思議そうにめいていた。下で探すのだが余りにも高いので、居てもほとんど見つけられないほどカモフラージュされているのはお見事だ。
P2370019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Powered by WordPress