オオヨシキリ

ヨシゴイが出ない沼地ではオオヨシキリだけが元気に、相変わらず縄張り宣言でうたっていました。よく毎日声がかれないかと心配なりますが、かなり大きな囀りです。そんなオオヨシキリもフィリピンやマレー半島から渡ってきた鳥の仲間です。そろそろ雛の姿が見えても良さそうですが、ヨシの中に作らた巣はみえません。

ヨシゴイー2

なんと行っても動画の撮影の大敵は風です。しかしこればかりは待つしかありません。できれば天気図を見て出てくるしか仕方ないですが、時間には限りがありますから、そうはうまくいきません。それにも余してヨシゴイが生息している場所はヨシですから、簡単に風邪で揺れて鳥自体も動いてしまいます。待つこと半日午後には夕立がやってきますから、なかなかいいチャンスでは撮らせてはくれません。

ヨシゴイ

沼地てヨシゴイを見つけた。見かけたのですか中々姿を見せてはくれません。先日のカンムリのいけにも棲息していましたが、なかなかみにくい野鳥です。ヨシのなかに潜り組むのはもちろん風も吹いて。とり難いの何のつてこればかりは出てくるのをマツしか仕方ありません。午前中満足に見かけたのは、5回だけでした。オオヨシキリが嘲笑うように鳴いていました。

アブラコウモリ ?

とある農業溜池を見上げたらコウモリが乱舞していました。BD(バットディテクター)を持参してこなかったので同定はできませんが、小さい方はアブラコウモリかと推察しました。大きい方の種名はかなり大型で飛び方も早いですからヒナコウモリかもしれません。背中のバフ色と銀びかりが特徴的です。翌日の早朝4時15までは乱れ飛んでいましたが、17分にはツバメなどの鳥類と入れ替わりました。

カンムリカイツブリ 2

よく見るとちょうどラッキーなことに2羽の雛を連れていました。しかも目の前なので600mmで十分な距離です。おしゃべりなギャラリーも回リにいなくて本当に助かりました。雛の1羽はすでに大きくて親鳥の背中には乗れませんでしたが、羽の下に潜り込もうとしていました。

カンムリカイツブリ

少し離れた人工池にカンムリカイツブリが営巣していました。カンムリカイツブリは北海道で繁殖するのが通例ですが、なかなかこの近くでは繁殖は見かけません。しかも北海道では生息している池が広くなかなか寄せてはくれません。600mmで足りるかと思ったのですが運良く目の前まで寄せてくれました。

ヤマセミ4

GH6に不満な点は前にも書きましたが、動画抜き出しができなくなった点にあります。動物の場合ワンチャンスなのでいつ動作が起こるかわかりません。そのようなときは動画切り出しのほうが歩留まりは良いです。回しておけば良いのですから。もちろんヤマセミのような動作の速い場合動画のシャッタースピードは当然ぶれてしまいます。そこで動画は犠牲にしても瞬間を切り取るなら、歩留まりは上がります。そのたびに不要なカットは即消去ですがメモリーの食い過ぎは食い止められます。せっかくの高画質なのにGH6ha本当に惜しいですね。鳥屋さんがオリンパスを選ぶ理由がパナにはわかっていないようですね。もったいない限りですね。瞬間を切り取るにあたってはそれにループレック機能を併用スレば、歩留まりはサラに上がります。瞬間を切り取るためにわざわざ古い機能のGH4 も持参しています。

ヤマセミ3

待っているとヤマセミの声が聞こえてきました。ここは川幅も狭く浅瀬もあるので撮影しやすい環境です。ヒナはまだそれほど警戒心が薄いのか私の前の木々に止まってくれましたが。成鳥は相変わらず通過のままでした。

ヤマセミ−2

ちょうどこの時期ヤマセミの子どもたちに会うことができました。まだあまり警戒心のないのかカメラの前に立ってくれました。成鳥は私を見つけているのかなかなか相変わらず寄せてはくれません。餌を採るかと見ていましたが、まだ簡単には採れないようです。

ヤマセミ

ヤマセミは川の王者のショウビんの仲間でやはり人気の鳥です。すぐ裏のダム湖で見かけているので継続して観察していました。なかなか警戒心は強くしかも出会えるのは朝早くなのでこちらも早起きの3時でした。川の仲間たちとしたら外すわけには行きません。

コマドリ

ちょっと山の上に上がりましたらコマドリに出会いました。撮影するとしたらもう少し早い時期ー連休前後の方が縄張り宣言も激しいので、撮影条件としてはいいのですがまずは1枚いただきました。

ホシゴイ

 ゴイサギの幼鳥をホシゴイと呼びますが、体に白い端点模様が多くてホシゴイと呼ばれています。やはり同じような森の下部で小魚などの餌を漁っていました。まだ体毛も完全ではありませんが、もう立派に水の中で餌取りができるようです。

ダイサギ

アオサギの横ではダイサギでしょうか同じように子育てが行われていました。やはり親と大きさまで育っています。これならあまり同じ生息地の他の場所に行く気もなくなってしまいました。ことしは早いのかな?やはりもう少し子供が小さいのが所望なのですが、撮り直しの所望なのですが。親が戻ってくると幼獣たちが先を争って先が揺れる不安定な竹やぶのもとで成鳥のもとに走り寄ります。

アオサギ

近くの鷺山でも子育てが盛んに行われている。まだ小さいからと油断していたら親と同じくらいにまで育つたその早さに驚かされた。今年だけなのかんからないが、生息していた場所から何があつたのかひつこしたりわからないことが多い。既にはばたきの練習を始めたりで巣立ちもちかいでしょうか。

許可書

3月に出した許可書が漸く揃ったので、今度は各地の営林署に入林許可の申請をしています。これがないと撮影が始まらないのでまあじっと我慢の許可待ちです。なんとかもう5年目なので早く結果を出したいですが、売っているものを撮影しているわけではないので、こればかりは時の運とでもいいましょうか?なわけで許可待ちの間、鳥ばかりの撮影が続いていました。

Powered by WordPress