キタクビワコウモリ

かつて写友のk氏が撮影したコウモリが生息していた穴を見に行きました。他の場所で出洞するのは18時30分前後ですから、目を凝らしていましたが、狙った穴からではなく、その上にも穴が開いていたようで、ソノグラムが反応したので見上げてみたらそこから出洞しました。残念ながら下からではその穴が見えないので、デイスターブさせないように撮影は諦めて観察だけしました。やはり25キロヘルツ辺りで入感していたのて、ヤマコウモリかも知れませんが、ここではキタクビワコウモリの記録もあるので同定ができません。

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

キタキツネ

毎日通う森の途中でキタキツネに出会いました。観光地では無いので観光狐ではありません。夏毛ですから貧弱ですが、秋の声を聞けば厳しい冬に耐える冬毛に換毛してゆきます。道の横でちょこんと座る姿は、まさに神社に鎮座する御狐様ですね。こんかいは目的が違いますから、軽くスルーということで。

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

カシワの森

いま撮影しているカシワの森です。まだまだ撮影しなくてはいけないのですが、昨晩は成果がありませんでした。昨年初めての出会いがあった種もいる森ですが、こればかりは仕方がありません。気温は15度近くまで下がっていますが、虫はまだとんでいるので捕食には支障がないと思われます。許可地内で場所を変えてやってみますが、夕方になると雨が落ちてくるので諦めるしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

森のキノコ

この時期これだけ雨が降り続いているから、森の中ではキノコがたくさん生えている。種名はわからないが昼間の待ち時間森の中を散策すると、そんなキノコたちの姿が目に留まります。赤い帽子のタマゴタケでしょうか、これから傘を開こうとしていました。地面に這いつくばって息を凝らして、自然光で撮りました。

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

ヤマコウモリ

スペクトグラムがコウモリの鳴き声を検知したのは18時36分でした。それに続いて樹洞から一頭のコウモリが飛び出してきました。23KHあたりを示していますから、ヤマコウモリで間違いないでしょう。ライトをつけるわけにはいきませんから、戻ってからの写真での同定になります。かなり特徴的な茶褐色の体毛ですから、同定は確実です。昨年は近くの工事で騒がしかったので心配しましたが、これで一安心です。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

ハルニレ

ハルニレは北の森の代表的な巨樹の一つですが、本州にも自生していますがやはり北の森には多い気がします。巨木であるがゆえにそこには樹洞ができやすく、そんな樹洞にはここを塒とするヤマコウモリが棲んでいます。はたして今年も生息しているのか半信半疑でしたが、現場第一ですからまずは訪れてみました。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

カグヤコウモリ

毎晩雨に悩まされています。雨が降るとその水滴で網がぬれてしまうので、本当に困ってしまいます。そんななか中昨晩はカグヤコウモリに出会うことができました。まあ天気ばかりは仕方ありませんから、待つしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物
モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

晩夏

北の森では最気温も15度近くなり、朝晩は冷え冷えしています。出るのが遅かったので致し方ありませんが、早く仕事を済ませたいと願うばかりですが、天気があまりよくなくて夕方になると夕立が襲ってくるのは山の天気としては諦めるしかないでしょう。この後さらに北の許可予定地に向かう予定ですが、何とか少しずつでも前に進めたいものです。山のナナカマドも色ずいてきました。

 

 

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

エゾモモンガ

今回の目的はもちろんコウモリですが、たまには横道にそれてしまうのも性というものでしょうか?この場所での許可は得ていませんから、昨晩はモモンガを見に行きました。お決まりの顔出しシーンですがこの穴に7頭ものモモンガが入っていました。恐らくこの春に生まれたファミリーだと思います。違う盛では一つの穴に15頭ものモモンガが入っているのを撮影しましたが、穴は小さいので何頭は入っていようが顔出しは一頭だけしか撮れません。横に並べば十も思いますが、排尿のためにすぐ上まで上がってしまいこちらの希望通りにはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

タンチョウー2

暫く走るともう一家族のタンチョウに出会えました。こちらのほうは雛も見えますが、1羽だけなようです。2羽の雛が多いと聞きますから,1羽はやられてしまったのかもしれません。道東の混雑した環境に嫌気がさしたのか、さらに西のこのあたりでも最近ではタンチョウを見かけることが多くなったようです。

 

 

 

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

タンチョウ

走っている横を眺めていたら用水路の小川でタンチョウのカップルを見つけました。少し前まで子ずれだったのですが見当たらないです。やはりキツネにやられたのでしょうか?まあ自然は甘くないですからこれも仕方ないでしょう。しかしこんな小川の風景の中のタンチョウは新鮮で北の森の豊かさを十分感じさせてくれます。寄るばかりが能ではありません、引くことも必要です。こんな素晴らしい自然の中では。

 

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

エゾリス

北の森では少し藪に入れば動物たちに出会えるかもしれないというのはやはり幻想で、出会っただけではすぐ逃げてしまうし必ず撮影できるというものではありません。やはり生息しているところに行かなければ森があっても、彼らには出会えない訳です。エゾリスの住む森ではそんなエゾリスたちが、落ち始めたクルミの青い実を齧っていました。まあこの森に来たのはエゾリスにあいに来たのではなく、イイズナに出会いたかったのですが、そんなに簡単に出会える動物では有りませんから,まあのんびり出てくる間の暇つぶしにエゾリスを撮影してみました。

 

 

 

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

アオバトの海岸

落ちているものは拾って歩く乞食のような写真家ですから、道すがらアオバトの海岸で少し撮影をしました。友人に聞いたように確かにハヤブサもスタンバイしていますが、本州でもアオバトを撮影しているので、やはり飛来数が少ないのが気にかかります。それでもアオバトは何波もやってきましたから飽きませんが、警戒心が強くなかなか下にはおりてくれません。ハヤブサが1回襲撃しましたが、ハンティングには失敗してしまいました。飛翔が早くフレーミングが追いつきませんが、そのためにハイスピードで追ってみましたが、本州で撮影している身としては迫力に欠ける海岸ですね。

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

魔の風力発電機-2

何故この発電機の周りでコウモリ達の死体が見つかっているのでしょうか?鳥類の場合渡り鳥のルートに位置しブレードに巻き込まれてしまうのは理にかなった説明でしょうが、コウモリはどうなのでしょう。そんな現場でバットディテクターで測ってみると、やはり23KHzの音とともに、45-50KHzの音声も測定することができました。夜間照明に誘引される昆虫を探しているのかもと考えましたが、照明はついていません。北欧の論文では発電機についている昆虫を狙ってというのを読みましたが、やはり音声により誘引されているのではないかと考えました。闇の帝王であるコウモリ達にとって音波は唯一頼れる武器です。私が森に置いた超音波センサーにも、コウモリも蛾も写っています。光ってみずらいですが、人間が聞こえ20KHz(下線)をはるかに超えた音波か確認できます。やはり現場にまず来てみる、それが撮影につながる鉄則です。

 

 

 

 

 

 

 

リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

魔の風力発電機

この時期下道で走ったのにはそれなりが訳がありました。それは上陸地点の近くの風力発電機で、コウモリの衝突個体が見つかっていたのです。そのコウモリが見たくて今回も申請を出している訳ですが、まだ撮影できていないこのコウモリはコヤマコウモリと言います。本州でも見つかっていますが、ここの風力発電機の周りで5頭ほどの衝突個体が見つかっているのです。そのような現場ならぜひ寄ってみたいと思い、わざわざ下道を選んだ次第です。

 

 

 

 

 

 

 

モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Powered by WordPress