ナキウサギの谷 シマリス

シマリスの行動が素早いと書いたが、これを見たらその動きがわかるだろう。餌付けされたシマリスとは動きが違う。待って居ても勿論素通りされてしまうし、駆け寄ったらその足音で逃げる。狙ったその位置で撮影するのには無線リモコンを使用した。それでもなかなかこの位置には来てくれず、撮れるまで2日かかった。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ナキウサギの谷 シマリス

ほぼ決まったようなコースを駆け抜けて行ったのはシマリスだ。しかしナキウサギのようにはのんびり屋ではなくなかなか私のファインダーには収まってはくれない。結構警戒心が強いのがシマリスだ。谷の紅葉が一段と進んだ気がする。
DSC08029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ナキウサギの谷 コロコロ糞

仁丹の粒よりか気持ち大きいだろうか、ナキウサギの排泄出行動が見られた。よく食べてよく出す(約1日300-1300粒)のが健康の秘訣だが、ナキウサギには軟便というもう一つの違う糞の状態がある。この糞タンパク質を補うためという説もあるが、まだ正確には解明されていない。コロコロ糞をファインダーから覗いてもあまり汚い感じはしない。
DSC08005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ナキウサギの谷 岩盤浴

久しぶりに晴れ間が覗いたせいか年がら年中穴の中にいるからだろうか、敵が居ないと見ればナキウサギが岩盤浴ならぬ日向ぼっこを始めた。このようなときは静かにしていれば結構長い時間撮影することが可能だ。
DSC07977

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

再びナキウサギの谷へ

ネズミの調査が終わって天気があまり続かないのだが、他の場所も今年はあまり出が良くないようで、再びナキウサギの谷に向かった。台風やら前線の影響で高山の10年ぶりという紅葉も、台風に依ってもたらされた潮で揉まれて、少しくすんでいる。台風が来る前は今年の紅葉はきれいだと聞かされ、期待していたのだが残念だ。
DCIM100MEDIADJI_0075.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

エゾヤチネズミ 動画

同じ森に住む北の森で最も代表的なエゾヤチネズミの動画をあげておく。エゾヤチネズミはキタキツネなどの捕食者の重要な食料でもあり、人間にとっては大敵のエキノコックスの中間宿主でもある。

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ハントウアカネズミ生息環境

ハントウアカネズミの聖地は海岸に接した何の変哲もない針葉樹の防風林です。笹の下草はそれほどではありませんが、針葉樹と広葉樹が混在した森は、アカネズミやヤチネズミに追い上げられた、ハントウアカネズミの最後の聖地になってしまうのでしょうか?このネズミを撮影するために北の森を走り回り、最後にたどり着いたのがここでした。そんな森の生息環境の撮影にはドローンが役に立つのは言うまでもありません。この海の向こうにはハントウアカネズミの故郷が連なっているのです。
DCIM100MEDIADJI_0034.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

すでに紅葉が始まっている

すでにあたりの森では紅葉が始まっている。日中はそれほど寒さを感じないのだが、夜はかなり冷えて聖地でも10度前後だろうか。ナナカマドも日に日に朱さが増しているようにみえる。数は少ないがコウモリもまだ活動している。
DSC08051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

エゾヤチネズミ

北海道にはヤチネズミの仲間が3種類いることは前にも書いた。今回は針葉樹の森でそのうちのヤチネズミもミカドネズミも確認できた。下草は笹が密生というほどではないが、生えていた。なお詳しい判別はネズミハンドブック(文一総合出版)に詳しいので、参照されたい。とても狭いこの場所には書ききれないほど、ヤチネズミの分類は奥が深い。
IMG_6578
 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ハントウアカネズミ

おそらくハントウアカネズミも生息しているのだろうが、人間の活動に伴って侵入してきたアカネズミは圧倒的に大型であり、より小型で劣勢であるハントウアカネズミは、アカネズミに蹴散らかされているといった塩梅だ。その区別点の詳しい説明は土屋先生との共著である、文一のネズミハンドブックに詳しいが、肉球の形が主な区別点なのだ。そんなわけでハントウアカネズミの残された聖地での調査となった次第だ。
P1000717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ネズミ調査

北に向かったのはかつて私が文一出版のネズミハンドブックの取材の折、最後まで泣かせてくれたハントウアカネズミの場所を案内することにあった。土屋先生は当然ハントウアカネズミを調査されているが、かつての場所はその場所を先生とも訪ねたのだが、環境が変わってしまいアカネズミばかりになってしまって、ハントウアカネズミを見ることはできなかった。同じく北大の鈴木先生も合流して3人で手分けしての調査となった。
DSC07937

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ヒシクイ渡り

そうナキウサギで時間をつぶしているわけにもいかず、さらに北に向かった。大きな湖には既にヒシクイが渡ってきている。カモかなと双眼鏡を見たらヒシクイのようだ。これから続々と南を目指して仲間たちもわたってくる。その距離は4000キロ。驚きの遠さだ。
P1000034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ナキウサギの谷ー3

貯食はしていなくても体のほうは正直だ。日差しはまだ暖かいのだが、すでに毛変わりが始まっている。すぐそこまで冬が来ているのを知っているかのようだ。それでもこの谷では3頭のナキウサギが出ている。昨年来た時より出がいい。谷の仙人に聞いたらオコジョの出は良くないようだ。
DSC07712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ナキウサギの谷ー2

ナキウサギはまだ越冬のための餌を運んでいない。一昨年はすでに餌を運んでいたのではないかと思うのだが、記憶違いだろうか?岩の間からは3頭のナキウサギが出入りしているが、どのウサギも自分が食べるのに精いっぱいといった感じで、貯食行動には至っていない。
DSC07686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

ナキウサギの谷

今日は晴れそうだったので早朝逃げてきたナキウサギの谷に向かった。久しぶりだから出会えるかどうかわからなかったが、少し遅れたが5時には、フィールドに立てた。1時間ほど谷を歩いてようやく懐かしい鳴き声を耳にした。
C0002T01

 

 

 

 

 

 

 

野生動物撮影ガイドブック
モグラハンドブック
リス・ネズミハンドブック
アジア動物探検記
日本哺乳類大図鑑
大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島正広 [DVD]
大自然ライブラリー 「アジア動物紀行」 [DVD]
大自然ライブラリー ヒマラヤ動物紀行~過酷な自然に生きる~飯島正広 [DVD]
365日出会う大自然 森に住む動物

Powered by WordPress