Posts Tagged ‘エゾリス Hokkaido Squirre Sciurus vulgaris orientis’

エゾリスー2

オスのオスの追いまわしは2時間以上続いた。ある時は樹洞に閉じ込められながらもかろうじて逃げ切った。3頭がそれこそメスが疲れ果てるまで追い回した。細い枝を渡るエゾリスが落ちないか気が気でなかったが、やはりそこは樹上で暮らす […]

エゾリスのお花畑−2

いくらこの森にエゾリスが住んでいるからと言って、待ってましたとばかりエゾリスが出てきてくれるわけでもないし、いつまでもそこに居てくれるわけではない。やはりこの森も広いから歩いて探し回らないとカメラには収まってくれない。そ […]

エゾリスのお花畑−1

エゾリスは北の森でよく見かける小哺乳類だが、森にいることが多くなかなか明るい場所に出てくることは少ない。やはり外敵に襲われる心配もあるから、森にいることが多い。この森では割りと広い場所でエゾリスを観察することが可能で帰り […]

エゾリスの巣

遊び終わったエゾリスがハルニレの古木に作られた巣に入った。エゾリスは本州のリスに比べて体も大きいので巣も本州のものより大きい気がする。本州のリスは厳冬期午後姿を見ることが稀だが、エゾリスは夕刻頃まで活動している。餌が少な […]

枝渡りが得意〜エゾリス

見ていてハラハラするくらいエゾリスは枝渡りが得意だ。堕ちるのではないかと思うのだが、スパイクがついた足のおかげで細い枝でも器用にジャンプして飛び移ってゆく。         &nb […]

冬眠しないエゾリス

冬だって冬眠しないで元気に走り回っているのがエゾリスだ。エゾモモンガの森では昨年来フクロウが異常に目につくようになった。恐らくエゾヤチネズミの大発生と重なったのだろう、そのせいでフクロウにエゾリスが食べられてしまったよう […]

親の後に続いての枝渡りーエゾリス

おどおどしながらも日に日にこり巣は活発になる。メス親の後に続いて枝渡りをこなしてゆく。子供のエゾリスでも立派なスパイクのような爪をを持っているからこそ可能になる。         […]

巣の周りで遊ぶのは数日間だけ

エゾリスの兄弟達が巣の周りで遊ぶ姿が見られるのも数日間のうちだ。その後は巣穴からだんだん分散してバラけてしまう。子別れ問いうほどの儀式はないが、別天地を目指して散ってゆく感じだ。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブ […]

子リスが出始めた

今年繁殖したエゾリス達が始めて巣から出てくるチャンスに遭遇した。おっかなビックリの仔リスたちは初めて見る外の世界におどおしっぱなしだ。             […]

エゾリスがお花畑にー2

エゾリスがこのメルヘンの世界に現れるのは、午前4時15分だったり遅いと7時30分近い。天気が悪くてあまり食べられなかった翌日には、かなり早く出てくるのは当然理解できる。       &nbs […]

エゾリスがお花畑に

メルヘンの世界のお花畑にエゾリスが現れた。しかしこれは現実の撮影でCGではない。リスにどう見えているかは解らないが、この写真は少なくとも私にはメルヘンの世界だ。北の森ならの世界かもしれない。     […]

エゾリスー3

冬眠しないエゾリスの餌は雪の下だ。今日もこの森でエゾリスを狙った。この森では暮れにモモンガが朝方出ていたのだが、今町はその姿が見えない。朝方1時間とか出ていたから、よほど腹が減っていたのかもしれない。ここでさらに東に向か […]

エゾリスー2

ちょっとした木の祠にエゾリスが隠したクルミを見つけだす。自分が隠したものかは解らないが、昨日も書いたように嗅覚だけは鋭いので美味しいクルミの臭いはすぐ嗅ぎ分けられるのだろう。顔が幼いから昨年生まれた子供だろう。今年の冬が […]

エゾリス

いつまで赤い鳥を待っても仕方がないので、リスの森に寄ってみた。6時過ぎまだ暗い中もう1頭のリスが雪の中に顔を突っ込みクルミを探していた。雪の深さは30cm位だが、ちゃんとクルミを探し出す臭覚は鋭い。今回のロケは新しいカメ […]

見つめられる私

ちょこちょこと車の周りを回って餌を探していたが、急に木に登って私を見つめはじめた。今までは気がつかなかったのか、車の中のシャッター音が気になったのか判らないが興味深そうに見つめられた。君の敵じゃないよと、心の中で声をかけ […]

Powered by WordPress