Posts Tagged ‘タンチョウ Japanese crane Grus japonensis’

豪雪のタンチョウ

レンズにはカバーを巻き付け、吹き込んでくる雪を払い除けながらの撮影で豪雪の中での撮影は本当に大変だ。レンズとのコネクターや電源部には全てビニールでシールしたが、それでも中期はしみてくる。レンズだけは仕方がないからレンズ用 […]

風を読みとって飛び立つタンチョウ-180fps

タンチョウがそろそろ塒に帰る時間だ。タンチョウの行動を見ているとわかるが、2羽だけ群から離れて歩くタンチョウを見つけたら注意すべきだ。風に向かって頭を下げたらその時が離陸撮影のチャンスだ。動画の場合その前からフォローしな […]

タンチョウ恋の舞-180fps

3月に入るとタンチョウは恋の季節を迎える。そこかしこで求愛ダンスが舞われる。なかなか2羽だけで舞って邪魔者が入らないで場所で舞ってくれないのが玉に瑕だ。仕方がないのでそんな場所で舞ってくれるのを待つしかない。タンチョウは […]

夜明けのタンチョウ塒

日の出直後殆どのタンチョウはまだ眠りについていた。それでも気の早いタンチョウが近くを歩き回っている。肉眼でかすかにわかるくらいの明るさだが、カメラは彼らの極寒の寝姿をとらえていた。塒までの距離は約1kmは有るだろうか?こ […]

一夜明けて

一夜明けて塒の川に向かった。除雪が間に合わないくらいの雪だが、なんとかとどり着いた。豪雪の影響か餌場の直ぐ裏に向かった個体が多いせいか、飛来したタンチョウは少なかった。それでも雪に覆われた塒は普段とは違う趣があった。 & […]

爆弾低気圧ータンチョウ 2

この吹雪にはタンチョウもタジタジだ。ただじっとこの時期をやり過ごすしか無いようだ。撮影していたタンチョウは諦めて寝てしまった。雪だるま状態になった私はただじっとファインダーを覗くしか無い。東寄りの吹雪でレンズに付いた雪を […]

爆弾低気圧ータンチョウ

この冬最後と思われる爆弾低気圧が北の森を襲った。この低気圧で北の森が最後に荒れるのを待っていたわけで、再びタンチョウの森に向かった。午前中大した降りではなかった雪が、午後になって名前のように炸裂して雪を降らせてきた。自分 […]

タンチョウ生息区域拡大ー2

東のはずれの湖沼で見つけたこのタンチョウもその1組だ。このカップルは毎年繁殖しているのだが、キツネによって邪魔され毎年失敗している。それはそれで仕方がないのだが、健気にも何とか1回くらいは成功してほしいとは思っている。結 […]

タンチョウ生息域拡大

くタンチョウの保護が成功して、タンチョウの生息域が拡大している。この北の森の東端でもその姿を見ることができるようになって久しい。この湾内ではオオワシやオオハクチョウに交じって、タンチョウの姿を見ることができる。環境はあま […]

タンチョウー3

月夜がダメだったから、橋のほうに移動。ここは定番の場所だが、早すぎたのかまだだれも来ていない。さすがに午前3時では早すぎたのか。それでも三脚だけは立てて夜明けを待つ。気温はー20度近いから今日は霧氷も期待できた。高感度セ […]

タンチョウー2

日本の鳥の中でもタンチョウは最も大きい部類だろう。それだからこそタンチョウが舞えば、かなり優雅でその姿は人々を魅了するのだろう。             &nb […]

タンチョウ

のどが渇いたタンチョウが雪を食べている。遠めだったがシャッターを切ってみた。なかなかタイミングが合わない。そのうちやめてしまった。目では見えているのだが、シャッターが間に合っていないようだ。こんな時はカメラを変えて6kフ […]

月夜のタンチョウ-2

徹夜明けの眠い目をこすりながら、再び次の日も同じ場所で三脚を立てて待ってみた。夜半過ぎ双眼鏡で覗いてみると今度はタンチョウが数羽しか入っていない。月は段々かけていくし天気は悪くて月は隠れてしまうで今年もうまくいかなかった […]

タンチョウの親子

キツネの森の近くではタンチョウの親子も子育てをしていた。去年は2羽の雛がいたが、今年はどうしたわけか1羽だけだった。すでに雛は30センチ余りまで育っている。今日の写真もそうだが、新しいPanasonic GH5はデジタル […]

タンチョウの塒

餌場から数キロある川の中がタンチョウの塒だ。タンチョウは川の中が安全なのを知っている。サギなら木の上ということも可能だが、タンチョウは川の中だ。ここならキツネも入って来ない。       & […]

Powered by WordPress