Posts Tagged ‘ツミ Japanese lesser sparrowhawk Accipiter gularis’

ツミ

もうとっくにふかしていなくては可笑しいツミなのですが、どうも今年は失敗でしょうか? 先週はおバネが見えていたのですが、見てみましたらどうももぬけの殻のようで、今年は失敗したようです。二回目もカラスにでもやられたのでしょう […]

ツミ

そろそろツミのヒナが顔を出しても良い頃なのですが、親の尾羽根しか見ることができません。あれだけ巣材を熱心に運んでいたのでそれで親の下にいるヒナが見えないのでしょうか? 計算で行くとそろそろなのですが、、、今日も雛の姿は見 […]

ツミ−3

何度も何度もツミのオス、メスは巣材を運んではすの建設中です。この跡すが完成すれば交尾に移行するのでしょうが、私の見えるところで行われるかは定かではありません。オオタカなどは何度孤高日を繰り返しましが。ツミはどうなんでしょ […]

ツミ−2

この時期ツミはまだ巣の補修中で、飛び回っては枝を折り巣材を集めていました。巣の場所は小さな公園なのですが、このような人家の近くでツミが巣作りをしていることなど近所の人はあまり知らないようです。やはり仕事は朝一番に限るとい […]

ツミ

下界に降りた時に都市型猛禽類のツミの様子を見てきました。毎年この場所でやっているので、お気に入りのようで今年も営巣していました。小型の割には精悍で近くの小鳥を襲うさまは流石に猛禽です。案外人間の近くでこのように繁殖してい […]

ツミのハンティング

頭上を急降下してツミが小鳥を追いかけています。そのさまはまさに急降下戦闘機のようです。しかも小型ですから小回りがきいて、これなら小鳥も逃げられないでしょう。追いかけた鳥を掴んだのか後ろの畑に舞い降りました。まさに絞め殺し […]

ヒナが採餌

巣立ったと行ってもまだ自分では餌が捕れませんから、親の給餌を待っていました。親が給餌に戻ってくるのは2時間に1回位でしょうか。巣近くの枝に親が止まると、既に飛べるようになった幼鳥が親のもとに駆け寄ります。既に3羽が近くに […]

ツミのヒナ

なぜここのところツミが登場していると言いますと、コウモリの生息場所が直ぐそばなので、コウモリのついでに寄っている訳です。そんなわけで今日も寄ってみると、既にヒナは巣から出て近くの枝で親の給餌を待っていました。白い羽毛はな […]

ヒナは育ってます

昨年は巣が崩れてここでの繁殖はうまく行かなかったようですが、今年はヒナも什長に育っているようです。ギャングのようなカラスがヒナを狙っていますから油断がなりませんが、今年は5羽の雛が育っているようです。北の森の友人から出た […]

ここでも枝むしり

ノスリもそうでしたが、猛禽の仲間はよく枝を折って巣の運び込みます。フィリピンのサルクイワシの撮影の時も同じでした。まあ暑い場所に巣を作っているわけですから日除けのためかなと思ったりもしましたが、あの程度では日よけにはなら […]

カラスに捕られないように樹上に

地上で羽をむしっていたツミは、カラスの気配を感じたのかハンティングした獲物を掴んで樹上に飛び去りました。静かに後を追ってみると、樹上で安心したように再び獲物を始末しています。ここなら地上よりも安心なのでしょうか、早くムシ […]

Powered by WordPress