Posts Tagged ‘ナキウサギ Japanese pika Ochotona hyperborea yesoensis’

ナキウサギ近接撮影

昨日話した近接撮影をするために、更に上に登ってみました。いつもの場所からさらに上に登ると近隣の山々が見渡せます。探していたポイントに小型カメラを置いて、近接撮影を試しました。出るか出ないかは賭けですが、静かに待つことで可 […]

ナキウサギ−3

イソツツジとの入れ込みを狙っているのですが、なかなか良い場所にナキウサギが出てきてはくれません。それでも待っていればこちらの念が通じたのかナキウサギが顔を覗かせてくれました。少し体毛が換毛をして毛並みが良くはありませんが […]

ナキウサギ−2

それでも雪渓の下の方のイソツツジはほぼ満開に近い状態でした。久しぶりに来たのでナキウサギが出るポイントの見当がまだつきませんでした。岩場に腰をおろしあたりの様子を見守ることにしました。こんなとき岩場を歩く方もいますが、そ […]

ナキウサギ

今年は雪が多かったのか山にはまだ雪がかなり残っていました。雪渓がこれだけ残った年も久しぶりかもしれません。夏になればこの雪も消えてしまいますから、雪渓とナキウサギを撮影できるのもこの時期だけかもしれません。しかし天気が悪 […]

ナキウサギ−2

それにしても天気が悪いです。特にここは標高がかなり高いですからガスも出ますし、霧雨が降っています。今年はまだ残雪も消えていない中で残雪とナキウサギも撮影可能ですが、ガスで見えません。後処理でなんとか見える画像にしましたが […]

ナキウサギ

再びと思い山に登ってはきましたが、最初当たりをつけた先日出ていた場所で待ちましたが今日の出は良くないようです。そこで少し移動して見ました。イソツツジの花の咲き具合はまだ少し早いようですが、ナキウサギの鳴き声は聞こえてきま […]

ナキウサギ

北の森もこの時期になると鳥の繁殖もほぼ終わり、昼間の撮影がだんだんしにくくなってきます。しかも寒さの影響か花はダメだしというわけでナキウサギの谷に向かったのですが、ここでも雨に降られ1時間で退散となりました。あまりにも悔 […]

ナキウサギの足跡

通常ウサギの足跡は前足が後ろ足の後ろ側に着く。絶えず走っている感じになるから地面を蹴って走っていると当然そうなるのは必定だ。ナキウサギの足跡の場合同じウサギの仲間だが、どうもそう結う風には付かないようだ。ジャンプする走り […]

出てきているのは今年の子供だ

顔を見てもわからないかもしれないが、出てきているのは今年の子供だ。顔がまだ幼いし体も一回り小さい。親はこの時期不思議なことに出てこない。この場所に居ないのかそれとも警戒心がつよいのかわからない。   &nbsp […]

束の間の食事タイム

雪が積もってしまったらまったく出てこなかったナキウサギだが、今日も寒いけれど雪が岩の上に乗っていないので平気で出てくる。寒さに対しては強いから寒いのは気にしないのだろうが、雪が来ると逃げるのにも普段と違うから躊躇するって […]

冬でも元気ナキウサギ

ソンナオコジョの足跡の横からナキウサギがちょっとだけ顔をだした。冬でもナキウサギが地上に出てこないというわけではないのだ。しかし夏の活動時間と比べるとやはり出てくる時間は少ない。ほんの少しだけ顔を出したと思ったらすぐひっ […]

ナキウサギの森へ

撮影場所をナキウサギの森の移した。今年の紅葉はあまりきれいではないようだ。それでもエゾイソツツジは少しは赤く色ずいている。               […]

ナキウサギー岩盤浴

ここの岩場ではシマリスばかり狙っていた訳ではない。ナキウサギも横目でちらちらとみながらシマリスを撮っていただけだ。それにしても暑い。日陰が無いこの岩場で一番楽しているのは、ナキウサギかもしれない。穴から出てきたら岩盤浴と […]

ナキウサギ 子っこ

大人のナキウサギの体長は10-20cm位だが、薮の陰で鳴いていたのは今年生まれたナキウサギの幼獣だ。どう見ても体長10cmに満たないミニチュアサイズだ。それでもいっちょまえに啼いて、ちゃんと縄張り宣言してるつもりだろうか […]

ナキウサギ

ナキウサギもイソツツジの高原で、早朝からガレ場のあちこちでチョロチョロ動き回る。あとからガレ場に来た人が撮影している前に三脚を立て、レンズの前を横切るわで、一体どーなってんだろう。普通一言声かけるけどね。タバコはこの生息 […]

Powered by WordPress