Posts Tagged ‘ニホンカモシカ Japanese serow Capricornis crispus’

ニホンカモシカー眼下腺

カモシカの顔をよく見ると眼下腺がはっきり膨らんでいる。カモシカは眼下腺を樹にこすりつけることで縄張りを宣言しているといわれ、雌雄の場合は縄張りを共有し、雄の場合は角で戦うこともあるという。 野生動物撮影ガイドブック モグ […]

ニホンカモシカ

ニホンザルが暮らす森から50mほど登った崖にニホンカモシカが現れた。この森でよく見る同じ茶色っぽい個体のカモシカだろう。ニホンザルはカモシカが現れても気にするでもなく、平常心で行動していた。恐らく猛禽類やクマが現れたら何 […]

カモシカ闊歩

車の音がしたからだろう、スタジオの直ぐ下でカモシカが楽々ガードレールを乗り越え、まだ残る残雪の上でじっと様子をうかがって居た。かなり大型のカモシカで色も少し黒いタイプだ。       &nb […]

ニホンカモシカ

窓を開けたら何やら月明かりで動くものを見つけた。クマはこの時期いないのになんだろうと思ったらカモシカが庭に生えているモミの木の芽を食べていた。何年か前に庭に貯め糞があったから驚きもしないのが、人間のことはあまり気にならな […]

カモシカに近寄ってみた

北の森でシカにドローンで近寄ったとき全く興味を示さなかったが、カモシカはどうだろう。この頃いつも持参しているMavicで近寄ってみた。もちろんモーターの音がするはずなのだが、カモシカは全く気にならないようだ。やはり人間だ […]

カモシカの涙腺

目の下に何か目やにがついているように見えるのが涙腺だ。カモシカの縄張りを示す時にこの涙腺を使って木に擦り付け行動をする。今日の個体はこの涙腺が非常にはっきりした茶色系の個体だった。スタジオの周りには雪が多いのにこの茶色系 […]

山からニホンカモシカ

昨年はスタジオの庭にカモシカが現れてこれには笑ったが、スタジオの周りでカモシカを見るのは別に驚くことではない。昨日も車で出かけるとちょうど山から出てくるカモシカを見つけた。まだ山には残っているから雪が解けた田んぼや畑は、 […]

ニホンカモシカの糞

足跡だけで道程ができないときには、辺りに糞が落ちていないか調べてみよう。ニホンジカの糞は歩きながらすることが多く、糞はパラパラと散らばっていることが多い。カモシカはこのような見晴らしの良い場所で反芻することが多く、糞も一 […]

ニホンカモシカの足跡

昨日のカモシカの親子の足跡だろう、急斜面を登った場所についていた。この山にはシカもいるので断定はできないが、この急斜面を登れるのはカモシカしかいないだろう。         &nb […]

ニホンカモシカ

よく見ると眼下にカモシカの親子を見つけた。小ぶりなのは幼獣で今年の子供だろう。近くにいるのはオスだ。幼獣も大きくなって来春にはそろそろ子別れの季節を迎える。3頭がそろうのが久しぶりなのか、のんびりと草を食んでいる。 &n […]

ニホンカモシカ

カメラはカモフラージュしてあって見つかりにくい形で置いてあるのだが、カモシカはそれを見破って避けたのだろうか?いやいや、この林道の上はグラウンドになっていてカモシカはそこから降りてくる、カモシカ道になっているのだ。まあも […]

雪の上の痕跡ーカモシカ

昨日の足跡の主はこのカモシカだ。体色はよく見る灰色系の固体でスタジオの周りもこの毛色が多い。余り人間を警戒しないので静かにしていると結構寄れる。こんなときには静かに寄って行くに限る。     &nbs […]

ニホンザルの森

急いでカメラを交換してGH4で撮影する。カモシカは急斜面をグングン登って行く。そして木陰に入るとそこから動かなかった。休息して反芻うしているのに違いない。3時間様子を見ていたが暑い勢もあって木陰からは出なかった。 リス・ […]

ニホンザルの森

赤ん坊のサルを撮影しながら崖を見上げると、絶壁の上を見ると2頭のカモシカを見つけた。2頭は離れてその距離は100mは有るだろうか?しかし当然カモシカ同士はわかっているはずだ。同じ縄張りに居る訳だから恐らく親子関係か、子分 […]

カモシカ 反芻をはじめる

結局この日は7時ころから9時半頃までカモシカは庭にいた。腹が満腹して安心しきったせいか、そのうちしゃがみ込んで反芻をし始めた。なんせカモシカは名前はシカだが牛の仲間だから仕方が無い。第1胃からまた戻して口の中でもぐもぐし […]

Powered by WordPress