Posts Tagged ‘ニホンザル Japanese Macaque Macaca fuscata’

昨日も一昨日も

どこぞの色粉沙汰ではないが猿の世界だって都合というものが有るわさ。恋の季節なんだから。スッタッフんみなさん激務でお疲れさまですから餌で引っ張ってくるのでも大変な努力です。その努力があってこのの野猿公苑です。お客さんはわか […]

サルの森ー子サルの遊び 180fps

いつ見ても飽きないのが子ザルの遊びでカメラを向けたくなってしまいます。日がな一日子ザルたちは遊びの中から自然の中で生きるすべを学んで行きます。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジ […]

サルの森ー7 毛づくろい

俗にゆうノミ取り行動ですが、サルにノミがいるわけではありません。どちらかというとサルの心の安定のためとか不安を取り除くとかと考えられているようです。ノミ取り行動をされつしつつある関係は、良好な群を維持する潤滑剤なのかもし […]

サルの森ー6 幼獣たちの遊び

少し大きくなった子ざるの遊びです。人間でいえば小学生あたりでしょうか?日がな一日森から出てきてここで餌をとりまた森に帰っていきますが、オスは成長すると武者修行の旅に出てゆきます。そんな子ザルたちの遊びを180fpsで追い […]

サルの森ー5 ニホンザルの新生児

写真だと1枚の絵ですが、動画にするとまた違ってきます。動きがわかるし子ザルの可愛さもより伝わる気がするのですが。母ザルの胸の中が一番安全なのをちゃんと知っている子ザルです。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック […]

サルの森ー3

付かず離れずの距離で遊ぶ幼獣たちを見ていると、まさに幼稚園で遊ぶ子供たちを思い浮かべてしまいます。母ザルはのんびり削クロいですが、子供たちは遊びたくて仕方がありません。       &nbs […]

餌がなくなれば

ここはもろ雪地獄の地ですからサルたちにとっても過酷な冬になります。それでも何とか凌げるのは豊かな森があるからです。これが杉などの植林地ではサルにとっても他の動物達にとっても食べるものがありません。餌がなくなれば今日の写真 […]

柿を採餌するニホンザル

在庫からですが時期的にはもう少しあとになりますが、村内で撮影できたニホンザルの群れで柿を採餌しています。このときは群れで何日か続けここに出て来ていました。しかし最近ではサルやクマが柿に餌付くので、嫌がって柿の木を切ってし […]

ニホンザル−14

この寒い中猿たちが川の中に落ちている餌を探して水に入っています。それほど落ちてはいないと思うのですが、それでも食べたいということでしょうか?この寒い季節に、あまり気にならないでしょうか?さる事ながら気になってしまいます。 […]

ニホンザル−13

樹ゆすりが移動の合図と昨日書きましたが、子猿たちが先程のオスザルにつられて移動を開始しました。何かものの見事に先生に引率されて行く子どもたちのようです。子どもたちはちゃんと樹ゆすりを見ていたのでしょうか?距離から云って少 […]

ニホンザル−12

ニホンザルが樹を揺するのは自分の力を示すための威嚇誇示であると考えられていますが、屋久島での調査では移動の合図かもしれないとの推論で、調査が進められていますが結果はまだでず継続調査のようです。今回のこの森では餌付けがされ […]

ニホンザル−11

藪の中で今年の春生まれた幼獣が遊んでいました。たった半年でこれだけ野生の中で育つその生命力に関心せざるを得ません。人間とどうしても比較してしまいます。そんな遊びの中から幼獣は生きてゆく術を学んでいます。そんな子どもたちの […]

ニホンザル−10

オランウータンでもそうですが、ニホンザルの赤ん坊の握力の力強さに驚かずにはいられません。母猿ももちろん我が子を守るように急な動作をしないようにしている気遣いは十分に感じるのですが、それにしても母親の体毛をしっかり握って、 […]

ニホンザル−9

換毛は終わり気味だというのによほどこの日は寒かったからでしょうか、2頭の若ザルがおしくらまんじゅうでもしているがごとく、抱き合って暖を取っていました。スチールならただ抱き合っている風情ですが動画ならその動きまで見せてくれ […]

ニホンザル−8

すでにニホンザルは冬毛に換毛しているため、体毛が見た目ふかふかです。これなら夜間気温が0度近くに低下しても持ちこたえることが可能でしょう。この地方のニホンザルの換毛は11月から始まり、春の夏毛への換毛は6月から始まります […]

Powered by WordPress