Posts Tagged ‘ニホンリス  Japanese squirrel Sciurus lis’

ニホンリスの繁殖期

3週間近くに渡ってニホンリスの繁殖期を狙ってきましたが、ようやく2時間以上に渡ってリスの追いかけ合いが見られました。途中何頭かのリスも絡み合いこの日が本ちゃんだったようです。まかれないようについて行きましたがリスの追いか […]

なんと言ってもクルミはご馳走

半割にしたあとは中身の美味しい脂肪分をガリガリします。この寒さやはり脂肪分を取らないと体が持たないのでしょう。15分ほどで平らげます。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジア動物探 […]

ニホンリスの行動圏

ニホンリスの行動圏は200m−400mでオスのほうがメスよりその行動圏は広く、20−30haと言われていますが、この森では周辺への拡張ができないので更に狭いと思われます。その狭い森の中でもかなり活発に動く姿が観察できます […]

我関せず

恋のシーズンで追いかけている個体もあれば、我関せずで早朝から食い気に走っている個体もいます。まあ食い気があっての色恋ですから、まずは腹ごしらいといった感じは否定できませんが。というわけで今日はいつものガリガリ食事風景を。 […]

痒いかゆい

撮影していてニホンリスがよく体を掻いている行動を目にすることがあります。やはりあの樹皮のベットの中では衛生害虫が湧くと思われます。それ故にリスはいくつも巣を作り、巣を変える必要にせがまれるのでしょうか。見ているとまさに痒 […]

追いかけが始まりました

散々待って森に通っていましたがようやくその気になってくれたようで、ニホンリスの繁殖が始まったようです。しかしまだ長続きはしないのですぐバラけてしまいます。これが真剣に追いかけるようになるのも近いことでしょう。こちらもまか […]

咥えられるだけ咥えて

ニホンリスがかなりの量の巣材を咥えています。飽きずに何度も何度も咥えては巣に運び込みます。この時期かなり冷えますから、樹皮があれば多少なりとも自身の体温で巣が快適になるのをちゃんと知っているのです。リスの生息数はそれほど […]

巣作り造作

20分あまり続いたでしょうか、何度も何度も過ぎに樹皮を運んできては樹皮を中に敷き込んで巣の造作をしています。かなりの量を敷き込んで飽きてしまったのか、突如として体をかきむしって採餌に向かってしまいました。この変わり身の速 […]

立春ー冬来りなば春遠からじ

今日は立春です。もう暦の上では春なのでしょうね。しかしまだ寒い日が続いています。まだまだこのような風景はもう少し先になります。毎日引っ付き虫さながらニホンリスのメーティングを待っています。しかしオスがまだその気にならない […]

ゲテモノ食い

ニホンリスが何を採餌しているのかと思ってレンズで寄ってみると、どうも地衣類のようでした。クルミだけを食べていると思われているニホンリスですが、案外ゲテモノ食いで植物の芽から小鳥の卵まで案外多様な餌を採餌しています。今日は […]

ニホンリスの巣

ニホンリスが樹洞を使うのをこの森では観察したことが有りません。しかし木の股を利用して巣材を運び込み巣として作ったことは観察しています。しかし大方は今日の写真のような小枝をあつけてきて作った巣です。大かいさは」30−40c […]

ニホンリスの嗅覚

雪が40cmほど降ってもその下からクルミを見つけ出すリスの嗅覚は犬並みのものがあります。埋めた場所をもちろん覚えていて掘り出したわけではなく、その嗅覚によってクルミを探しだしたのは明らかです。モグラにはアイマー器官という […]

ニホンリス−4

ファインダーを覗いたらクルミではない黄色い何かをリスが食べていました。このあたりには黄色い実はないので何を食べているのかと思って考えてみると、どうやら皮を向いたクリのようです。茶色い皮を向いたらこのような色になるのでしょ […]

ニホンリス−3     

ニホンリスが硬いクルミをどのように齧ってゆくのでしょうか?そんな姿を撮影したくて寄ってみました。もちろん寄れば逃げるのは世の常ですから、そこは便利なデジタルカメラです。x4倍で寄ってみると上手に齧っている姿を見ることがで […]

ニホンリス−2

モモンガもそうですがリスの仲間は安全な餌場を見つけたら、何度でもその場所を利用する習性があるようです。昨日のニホンリスもクルミを探してきたら、同じコースで木に登り同じ場所で採餌していました。それだと同じ絵柄しか撮影できま […]

Powered by WordPress