Posts Tagged ‘CanonEOS MK2+EF Macro100mm’

チチブコウモリ

本州にも生息していますが群馬の森でも可能性はあると思いますが、まだそこでは出会っていません。昨年も北の森では出会うことができましたが、今年はどうでしょう。何よりもその風貌はいかつく特徴的な顔立ちですから間違えることは有り […]

ニホンウサギコウモリ

本当に耳介が大きくウサギのようなコウモリは本州との共通種です。耳が大きいのはそれなりに理由があります。つまり大きくなければならないほど、自分が出してある音波が聞き取れないと言うことでしようか。飛ぶときに邪魔のような気もし […]

コテングコウモリ

コテングコウモリは本州との共通種で、北の森にも棲んでいます。ここカシワの森でもよく見かけるコウモリです。今回も見かけましたがかなり低い場所で行動しているようです。何と地上30-40センチ当たりのところを飛行しています。地 […]

森のキノコ

この時期これだけ雨が降り続いているから、森の中ではキノコがたくさん生えている。種名はわからないが昼間の待ち時間森の中を散策すると、そんなキノコたちの姿が目に留まります。赤い帽子のタマゴタケでしょうか、これから傘を開こうと […]

カグヤコウモリ

毎晩雨に悩まされています。雨が降るとその水滴で網がぬれてしまうので、本当に困ってしまいます。そんななか中昨晩はカグヤコウモリに出会うことができました。まあ天気ばかりは仕方ありませんから、待つしかありません。   […]

ヒナコウモリ

県内の新幹線の橋脚で生育を終えたヒナコウモリの幼獣たちが飛べるようになってたようです。しかしまだよちよち歩きの感じで上手く飛べないようで、落ちてきた幼獣がいました。そこの居たら轢かれてしまうので、保護してやった折に顔写真 […]

ユビナガコウモリ

毎日雨ばかりだが穴に入るまでは濡れてしまいますが、入ったらとりあえずは濡れません。しかし穴の中も外の雨が影響してガスが出て白っちゃけてしまいます。仕方がなくストロボを焚いていますが、いまいちあと作業でコントラストを上げて […]

キクガシラコウモリ−2

おそらくここに集まっているのはメスだけだと思いますが、確認ができません。運良くアップの撮影ができましたが、性比はわかりませんが子を抱いていませんから、いずれにしてもまだ出産は早いと推測できます。洞内は少し霧が出ているので […]

キクガシラコウモリはまだ出産していない

近所の廃坑は霧でよく見えませんでしたが、それでもかなりの数が集まっています。冬見た数とそれほど違っていないようですが、既に活動しているので生息数の確認ができません。とにかくこの戦争遺跡は巨大なので、飛ばれたらもうわからな […]

アマガエル

ここのところほぼ毎日雨です。まあ仕方がないので穴巡りをしていますが、穴の中も外気が蒸し暑く穴の中が冷えているので、中でガス状になって霧が発生し、ストロボを炊くと捕れた画像は真っ白けになってしまいどうしょもない状態です。入 […]

モモジロコウモリ

水が溜まった廃鉱を進むと1頭のモモジロコウモリを見つけました。キクガシラやコキクガシラは目にするのですが、モモジロコウモリはあまりこの坑には入っていないのですが、、、1頭だけでしたが撮影させてもらいました。まだ眠そうでし […]

キクガシラコウモリは起きてます

戦争遺跡の防空壕ですが、少し前まではねている個体が多かったのですが、今日入った場所のキクガシラコウモリは完全活動体制でした。まだ出産には早いのですが、おそらくこの場所で出産になると思われます。ただここは天井までが非常に高 […]

ウツギの花

少し前の新緑があっという間に初夏の森になって葉は茂り、鬱蒼とした森になっています。そんな森では木々の花が咲いています。フジの紫色やウツギのピンクの花が森に色を咲かせています。       & […]

ニホンキクガシラコウモリ

下の街に降りて再び防空壕を見てきました。やはりキクガシラコウモリが多く、足を伸ばして眠っています。おそらく完全冬眠ではなくて夜になれば起き出して活動しているものと思います。しかし夏見て完全に起きているキクガシラとは様子が […]

キクガシラコウモリ−2

このような姿で冬眠できれば多少なりとも体温の低下も防げるのでしょうか?動物たちの知恵かもしれません。固まった一群が数箇所に渡って観察できました。足を完全にのばしていますから、間違いなく冬眠状態です。夏ならば直ぐに飛んでし […]

Powered by WordPress