Posts Tagged ‘EOS7D EF 24-105’

ジャガーの森-9 ピューマ

2-3日前から近くの牧場の羊が何者かによって殺されているとの情報が、研究所に入った。レアンドロ氏とセンサーカメラをしかけたところ、犯人はジャガーではなくてピューマだということが判明した。トウモロコシ畑に入り込藪に逃げ込ん […]

クマゲラの食痕

暫くすると、森の中からタッキング音が聞こえてきた。かなり大きな音だから、クマゲラに違いない。静かに近づくがその姿は藪に遮られてよく見ることができない。これ以上近づいたら逃げてしむだろう。耳を澄ましながらその音を聞いていた […]

トキー7

気がつけば夕方。ブラインドから今日のロケを終え外に出る。農家の方が不思議そうな顔をして私たちを見る。この人達は何であんな鳥を見てるんだろう?って言う感じで? 研究員のR氏が一言二言農家の方と会話。R氏はこの辺りの巣を全て […]

ホンドギツネ

家に毎晩出るキツネを見ていて本当に思うのだが、キツネは本当に用心深い。巣穴を見てもそれが分かる、穴は迷路のようになっていて、いくつもの出入り口があるのだ。そして使用している穴の入り口は、ご覧のように木の葉1枚落ちていない […]

雪解け

何日か前吹雪きかと思ったら、昨日も今日も暖かい日が続く。前にも書いたが、雪が樹の根元から溶けて行くのを根開けと言うが、まさに今頃のことだ。雪は白く太陽を反射してしまう。しかし樹は茶色系で熱を吸収する。この反射率の違いで、 […]

ヤンバルの森

それにしても沖縄は寒い。本当に沖縄って?感じ。群馬の洋服がそのまま着られるのだから。ヤンバルの森では昆虫写真家の湊君のお世話になって林道を回った。夜、風が吹くとネズミ類は出が悪い。クイナは見かけるのだが、目的のオキナワト […]

クマ棚

冬眠中のアメリカクロクマの冬眠中の心拍数が、55回から最低9回にまで落ちこみ、鼓動の間隔が20秒にも及ぶことが報じられた。 そんなことを日本のツキノワグマが知ってか知らずか、秋口にツキノワグマが樹の上に作った枝を折り曲げ […]

Powered by WordPress