Posts Tagged ‘Japanese Squirrel ニホンリス Sciurus lis’

ニホンリスの春ー引越し大作戦

リスの枝渡りを狙っていたのだが、一瞬目に入ったのは何かを咥えているリスだった。いつも咥えているクルミにしては少しおかしい、なにか細長い物だなと考えながらシャッターを切り続けた。まさか!それがニホンリスの赤ちゃんだとは、、 […]

ニホンリスの春ーモミの新芽

新芽の匂いがするのだろう、ニホンリスがモミの新芽を覗きに来た。と言っても最も嗜好するのはなんと言ってもクルミだ。やはり栄養価の高い脂肪の塊は、活力源としてはリスにとってはご馳走だ。     &nbsp […]

ニホンリスの春-水飲み

ここの所暑かったからリスだって喉が渇く。しかも主に食べているのが脂質であるクルミとくれば喉が渇くのだろう。枝渡りの途中で小川に降りで水を飲んだ。こんな時はやはり危険なのだろう。精々30秒飲んだかどうかで、樹の上に引き上げ […]

ニホンリスの春ー桜の花を食べる

リスだって毎日クルミばかりではメタボになるってものだろうか?たまには甘い桜の花に誘われて食べてみたいのだろう。待っていたら枝渡りの途中で固まって、桜の花をムシャムシャと食べ始めた。人間だってアンパンやお茶に桜の花を使うく […]

ニホンリスの春ー桜の枝渡り

それでも待てば良いことは有る。1日に2回までは無いがとにかく追いかけないでリスがやってくるまで待つ。この時期まだ芽吹きも少ないし目的は桜の花だから、他にも撮れそうだけれども動かないで待つ。まさに待てば海路の日和ありだ。毎 […]

ニホンリスの春

桜もリスの餌ではないからリスにとってはあまり興味を示さない。しかし桜とはどうしても入れ込みたいから、クルミを食べる採食時になんとか入れ込もうとするのだが、なかなかいい場所では食べてくれない。     […]

ニホンリスの春

タムシバだろうか陽気は良いのだが、寒い日もあってまだ花はかろうじて撮影できた。なかなか花はリスの餌ではないから、花のところに寄ってくるのは待つしか無い。         &nbsp […]

ニホンリスの森−3

もうアップよりもこの時期ロングのニホンリスが撮影したい。それで出来れば和らかい逆光で。そんな想いでリスにレンズを向ける。しかしこれだけ雲一つない快晴だとどうしても光が硬い。気持ち雲が出てくれたほうが良いのだが、こればかり […]

ニホンリスの森−2

ただひたすらクルミ地面に埋め込んだと思うと、どこからかまた拾ってきて安全な場所でクルミを齧りだす。この頃になるとクルミの表面を覆っていた果皮も腐って落ちてしまっているから齧るのも楽なようだ。秋の日差しを浴びで厳しい冬まで […]

ニホンリスの森

帰り道に日本リスの森に寄ってみた。ここはスタジオとほとんど同じくらいの気候条件だから紅葉は少し終わり気味かもしれない。それでもリスたちの顔が見たくて寄ってみた。相変わらずニホンリスたちは森の中を走り回っている。紅葉の森を […]

雪の上の痕跡ーニホンリス

この冬は雪が殆どないので動物達の足跡も残りづらい。それでも昼間2頭のニホンリスが追いかけ合いをしていた。モモンガと同じように繁殖期がニホンリスも近い。しかしスタジオのリスは非常に警戒心が強すぎる。人馴れしていないとリスは […]

ニホンリス

庭の隅の枯れ木でクルミを掘り出して一頭で食べている姿は、やはり少し寂しい。リスの森ならもう少し仲間が居るのだが、スタジオでよく見るのはこの1頭だけだ。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブッ […]

ニホンリス

雪が降っても昼間晴れるとその雪もあっという間に夕方までには解けてしまう。スタジオの庭にニホンリスが戻ってきた。秋口庭の久留美を拾って隅においていたのだが、リスに殆ど持って行かれた。まあそれはそれで構わないのだが、良く見つ […]

カシグルミを食べる

ワシの渡りを見た後、リスの森に寄った。そこでよく見られるオニグルミではなく、実が1個ずつ着いているカシグルミをニホンリスが食べていた。この森ではすでにクルミはだいぶ下に落ちていて、なかなか齧り穫っているリスの写真が撮れな […]

リスの森 やはり気になる取りこぼし

今回の引っ越しはこわれた巣によるものだが,全部で子リスは4頭だった。やはりまだいるのではないかと言う母さんリスの親心か,まだいないのかということで再び巣に戻って点検している。ニホンリスだってなかなか賢い。すべてを運び込ん […]

Powered by WordPress