Posts Tagged ‘Panasonic GH4+Adaputer+150-600’

ヤマセミ4

GH6に不満な点は前にも書きましたが、動画抜き出しができなくなった点にあります。動物の場合ワンチャンスなのでいつ動作が起こるかわかりません。そのようなときは動画切り出しのほうが歩留まりは良いです。回しておけば良いのですか […]

ムナグロ

 ムナグロもこの時期繁殖のために渡ってくるチドリの仲間です。コシャクシギはムナグロの中に混じっていることが多いと聞きましたが、この日の撮影では別々に行動していました。名前のとうり胸には黒い斑紋がくっきりと目立ちます。河口 […]

コシャクシギ−3

新しいパナソニクのGH6 で不満なのは前の機種についていたデジタルズームが省かれたのと、6K動画画はぶされてこの2点が大きい。将来なんとか有償でもいいからこの機能がつかないだろうか。fullサイズとpixcel 設定で多 […]

ハリオアマツバメの水飲み

旅の初めの頃リスの森で見かけたハリオアマツバメが、この湖では早朝水を飲んでいます。もう少し青空が出ていたらそれなりに季節感が出るのですが、この曇天如何とも仕方がありません。10数羽が2回ほど水を飲んでくれましたが、やがて […]

オオルリ

ウグイスとともにオオルリの声も渓谷で聞こえてきました。夏鳥たちの種類が増えてくるスタジオの周りです。山の中での単独の仕事ですからタヌキには出会いますが、人にはあまり関わりなく近場で撮影を続けています。動画も回したのですが […]

ゴールデントカゲ

鳥が出てくるのを待っている間、トカゲがチョロチョロと出てきていました。正確な名前が不確かですが、このあたりではごく普通種のゴールデントカゲではないでしょうか?もし正確な名前がおわかりでしたらご教示ください。調べたところゴ […]

クリハラリス−2

クリハラリスの動きは結構早く、薮の中でも軽快に動いていました。この場所ではまだ見ていませんが、この国には更に大きいリスも生息していますが、出会えるでしょうか?地味な体色はこのようなヤブでは保護色になりますね。 野生動物撮 […]

ミナミヤイロチョウ

ズグロヤイロチョウと同じ場所で見つけました。マングローブヤイロチョウに似ていますが、なんと言ってもこの青い羽と黒いパッチリアイシャドーが魅力的なヤイロチョウです。とても美人さんです。また背中の緑羽も暗い藪の中では森の葉に […]

ズグロヤイロチョウ−2

見ているとズグロヤイロチョウの警戒心は強いようで、なかなか落ち着いてフレームの中に収まってくれない。それでもオレンジジツグミが採餌している時に、出てきてくれた。しかしそのあとアオヒゲショウビンが出てくると、今度は逆に追わ […]

ズグロヤイロチョウ

森で最初に見かけたのは初観のズグロヤイロチョウでした。前年タイでは見られなかった鳥ですが、分布は広く東南アジア全域で見られるようですが、北部の個体は冬季南部で越冬するようです。薄暗い森の中でミミズを採餌しています。ヒュー […]

ヒレンジャク−4

ヤドリギの実を食べているところが撮影したくてチャンスを待っているのですが、なかなか表には出てきてくれません。やはり隠れて採餌したいのか奥のほうがより美味しいのかわかりませんが、撮影しにくいことこの上なしです。それでも待つ […]

チョウショウバト

都市部でも割と目につく小型のハトがチョウショウバトです。篭脱けだとも云われていますが、自然分布のものもいるようです。強いて言えば日本のドバトとかキジバトといった感じでしょうか。シコシコの国では南部では見られますが、北部で […]

ナンヨウショウビン

日本でもたまに現れて大騒ぎになるナンヨウショウビンが、養殖池の魚を狙っていました。止まっている場所がいただけませんがまあご容赦のほど。このショウビンは町中かの川岸でも普通に見ることができます。結構大型で迫力があり人気なの […]

ブッポウソウ

ここに渡ってきているのはツバメだけではありません。ブッポウソウもあちこちで姿を見かけました。2羽でいることが多いようでカップルで渡ってきているのでしょうか?スタジオの裏の新潟の、あそこの森で繁殖した個体だったかもしれませ […]

北の森での動画-ナキウサギ

今回の北の森での取材は1ヶ月強でした。撮影できた種もあり捕れなかった種もあります。まあ出たのが遅かったからしょうがなかったですが、気象も影響して雨が多かったことにもよります。基本的にコウモリは写真の制作がメーンで動画はあ […]

Powered by WordPress