Posts Tagged ‘Panasonic GH4+Adaputer+FD800mm’

見飽きない

動物の中でカワウソもそうですがニホンザルも撮影していて見飽きない動物の一つでしょう。とにかくよく動くし遊びます。そんな行動は撮影しても楽しくなってしまいます。そんな行動が野性のままで見られるこの苑が外国人にとっても受ける […]

オオフクロウ

こんな写真で恥ずかしいのだが、私の場所からは葉が邪魔して確認の写真しか撮れなかった。ポジションの位置で同行した友達が良い場所から抜けた写真を撮っていた。撮影はポジションで全て決まる。オオフクロウは暗くならないと森から姿を […]

ハマシギ

トドの群れを追った海岸で見かけたのはハマシギの群れだ。岩場についたイワノリを群れで食べている。波が来ると蹴散らかされるが、また同じ場所に何回も戻ってきた。細かく動く姿がとても可愛い。ハマシギはアラスカエリアで繁殖し、日本 […]

舞い上がるイヌワシ

さすがに本州最強の鷲は大きく力強い。どれだけ強い風が吹こうとも上空からきりもみ状態で獲物を襲う姿は鷲の中の王者の風格だ。               […]

山並みに巨鷲

カモシカを撮影しながら山並みにクマが出ないかと双眼鏡で探すと、黒い影が枝に止まっていた。はて!この距離であの大きさだと、もうあいつしかいないだろう。           […]

草が異常に伸びるのが早い

春先まだこれならキタキツネの姿が隠れないと思っていたのだが、草が伸びるのは異常に早い。子キツネの背をあっという間に伸び越してゆく。草が低いところで遊んでくれればいいのにと思いながらの撮影だ。この頃になると、キツネに認知さ […]

段々キツネの顔になってきた子狐

このキツネの家族を撮影して40日余り、ままだ本当によちよちだった頃から比べると大分親の顔になってきた。草丈も伸びて毎日海岸に来るが,出会える時間が少なくなってきた。         […]

子狐一頭で遊ぶ

子キツネが一頭で遊ぶことが多くなった。段々と独り立ちの暮らしになってくるのだろうか?塒として使っている廃船の下からだいぶ遠くまで一頭のキツネが足を伸ばすようになる。草も高くなり段々見えにくくなってくる。   & […]

タンチョウの雛が育つ

すでにタンチョウの家族を見て1ヶ月近くが経つが、タンチョウの雛があっという間に大きくなっている。背丈は1m近くあって成鳥の背丈に近づいている。羽の成長はこれからだろうか、まだ鳥のような感じがしない。それでも羽を振って親の […]

ヒバリが目に付く

どういうわけかヒバリが目に付く。ブラインド代わりの車に居ると目の前を囀りながらやぶに消える。ヒバリもこの草原で子育てをしている筈だ。             & […]

原生花園が賑わうのも時間の問題だ

キツネが出てくる間、横でまって居る間にカメラの前に現れたのはオオジュリンのメスだ。数が多いけどさらに北の浜辺でよく見かけるノゴマの姿をここではあまり見かけない。         & […]

海岸近くでもキタキツネが

森のキツネではない海岸近くでもキツネの巣を見つけてある。全く違う環境のキツネもほど同じ大きさの子狐がいて子育てに追われている。ここでもってくる餌はやはり魚が多い。運んでくる時間は森のネズミより短くて2時間もかからないでく […]

キタキツネ探し

今年の厳冬期キタキツネの交尾の様子が撮影できたからではないが、今回はよりキツネに重点を置いて探している。キタキツネは北の森では害獣だから、駆除されているしなかなか昔のように撮影できなくなった獣だ。それだけに今回は眼を皿の […]

マガンの沼

オオハクチョウもオナガガモも最盛期の数よりだんだん数が少なくなってきた。それだけ春が近いと言う北の森だ。桜前線も上陸し、マガンの沼に撮影場所を移動させた。初日の生息数は45000羽と聞いたが、まだまだ増えるだろう。 &n […]

キタキツネの求愛行動

ワシを撮影しているときに、キタキツネの求愛行動を見た。それはオスがメスを追いかけ咬むような行動だった。恐らく求愛行動だったのだろう、メスはあっという間に藪に逃げ込み撮影は相成らなかった。あっという間の出来事だったが、狐に […]

Powered by WordPress