Posts Tagged ‘: Panasonic GH4+Redrock+28-300’

あっという間の熱帯雨林での撮影

たまにはいいかと思って極彩色の小鳥たちを続けてしまった。今回は鳥仲間6人での撮影旅行だった。これ位の人数がブラインドに入れるMaxの人数だろう。ブラインドにはいいているときはいつ出てくるかと?不安の時間を過ごすが、やはり […]

ニホンカモシカー3

やはりカモシカの雪かきは豪快だ。斜面をグングン登って行く。あの華奢な足で良く行き深い谷を歩ける物だと感心する。先日スタジオの近くでも足跡を見つけた。副蹄も残っていたのでカモシカだとは思うが、この場合イノシシも居る可能性も […]

ニホンカモシカー2

サルの森のカモシカはこげ茶系のカモシカだ。スタジオの周りのカモシカは白色に近い灰色だったり、八ヶ岳で見るカモシカは濃い茶色だったりカモシカの体色は変化が大きい。         & […]

ニホンカモシカ

翌日もサルの森に通ったのだが、サルの森への山道ではカモシカに出会えることが多い。今日も道下を見たら何やら茶色い動物が谷底から登ってくるのが見えた。直ちにカメラの容易をして撮影。いつでも誰かが森から現れることを見越して、カ […]

キクガシラコウモリー3

眠っていて判りにくいがキクガシラコウモリの由来は菊頭だ。鼻の部分を鼻葉といい、暗闇の中で活動するエコロケーション(Echo Location)の役に立っていると言われている。その鼻がまさに菊の花びら状になっているのだ。そ […]

キクガシラコウモリー2

昨日の写真はダイレクトにストロボで撮影したのだが、最近はLEDライトで照明する事も多い。今日のはそんな写真だ。活動しているかもしれないのでまずは記録としてストロボを使うが、光の周りが確認できるLEDの方が奇麗に仕上がる事 […]

眠っていたのはキクガシラコウモリ

ここの廃坑の奥行きはせいぜい40m程だが、テングコウモリやウサギコウモリが冬眠に使う廃坑なのだ。さて今日は出会えるだろうかと入ってみるが残念ながらこれらのコウモリは入っていなかった。最深部の手前で見つけたのはキクガシラコ […]

廃坑

スタジオから2km程下がったカメラを置いてある林道の先には、むかしの鉱山の廃鉱が有る。クマ探しの寄り道で沢沿いに鉱山まで登ってみた。入り口はかなり崩れていてすぐ竪坑になっているので、滑り落ちれば危ない。コウモリの観察撮影 […]

この葉の下でネズミ達は

スタジオや北の森ではこの葉の下で、ネズミやトガリネズミの仲間は冬を立派に越している。あるネズミはモグラのトンネルに入り込み、あるトガリネズミは樹洞や石の下に潜り込んで厳しい冬を乗り切る。雪の下はむしろ暖かい。人間の想像と […]

スタジオも雪

北の森でも降られたけれどスタジオに戻ってきたらまた雪に降られた。11月の雪は未だ暖かいから雪の粒が大きい。むしろ寒い時よりは雪の粒が大きく写り絵になる雪だ。数週間前紅葉で賑わったスタジオの森も冬の足跡が忍び寄ってくる。 […]

エゾヤチネズミー2 ヤマグリを食べる

昨日は編集が間に合わなかった。今日は葉の下でヤマグリを食べるエゾヤチネズミの動画をお見せできます。とても可愛いエゾヤチネズミをご覧ください。 アジア動物探検記 大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和~東京ネコ物語~ 飯島 […]

エゾヤチネズミ

ヤマグリの実を齧りに来たのは北の森の代表選手、エゾヤチネズミだ。すでに大方の栗の実はネズミ達によって食べられている。ヤマグリの実は小ぶりだがまだ毬の中には食べられそうな実がたくさん残っている。非常に憶病だからそっとカメラ […]

ニホンリス

ちょっと前まで青いクルミを齧っていたニホンリスだが、仕事場の4m横に置いてあるクルミの餌台の、クルミにも通ってきている。ただしここのリスはリスの森のように人馴れしていないから、警戒心が非常に強い。来たなと思ってカメラをそ […]

トウホクノウサギ

途中岩手でトウホクノウサギの撮影。すでに手足の先、耳、体が少しまだらになって白くなっている。ウサギの体毛の変化は日長の変化によっておこる。すでに10月上旬、山ではいつ雪が落ちてきてもおかしくはない。北の森のオコジョはまだ […]

Powered by WordPress