Posts Tagged ‘Panasonic GH5+adaputer+Canon KJ21EX7.6B’

ニホンリスの繁殖期

3週間近くに渡ってニホンリスの繁殖期を狙ってきましたが、ようやく2時間以上に渡ってリスの追いかけ合いが見られました。途中何頭かのリスも絡み合いこの日が本ちゃんだったようです。まかれないようについて行きましたがリスの追いか […]

イスカ

それでも何日か通ってようやくイスカの姿を撮影することができました。このどこかの誰かに似たような嘴が特徴なイスカですが、餌である松の実をこじ開けるように嘴が特徴的なわけです。なかなかスタジオの周りでも生息はしているのですが […]

ウソ−2

この日は寒かったからでしょうかウソのオスもメスもやって来てくれました。前日の映像がオスやはり頬のピンク色がきれいなのに比べて、メスはどこなく寂しい感じがします。人間なら逆なのに動物の世界ではオスのほうが綺麗です。メスもズ […]

ニホンザル−11

藪の中で今年の春生まれた幼獣が遊んでいました。たった半年でこれだけ野生の中で育つその生命力に関心せざるを得ません。人間とどうしても比較してしまいます。そんな遊びの中から幼獣は生きてゆく術を学んでいます。そんな子どもたちの […]

二ホンリス繁殖期ー6

どうしても採餌しているショットが多くなってしまいます。最初にご覧いただけたとおり、なかなか落ち着いてファインダーには入ってくれないため、どうしても採餌しているシーンが多くなってしまいます。フレームアウトした後を追いたいで […]

はじめてのお散歩−2

親の姿が見えませんが、巣の中に残っているとは考えられません。私が来たのは朝6時前ですからそれ以前に巣からは出て既に活動しているものと考えます。この時期ニホンリスの活動時間は日の出直ぐかもしれません。まだ子リスへの授乳期で […]

リスの森へ

新緑の中次ぎに向かったのはリスの森です。計算によるとそろそろ子どもたちが巣から顔をだす頃ですからどんなものでしょうか?森には6時前にはついて観察を始めていました。6時20分巣の様子が動き、中でゴソゴソと動き始めるのが透け […]

ニホンカモシカー眼下腺

カモシカの顔をよく見ると眼下腺がはっきり膨らんでいる。カモシカは眼下腺を樹にこすりつけることで縄張りを宣言しているといわれ、雌雄の場合は縄張りを共有し、雄の場合は角で戦うこともあるという。 野生動物撮影ガイドブック モグ […]

ニホンカモシカ

ニホンザルが暮らす森から50mほど登った崖にニホンカモシカが現れた。この森でよく見る同じ茶色っぽい個体のカモシカだろう。ニホンザルはカモシカが現れても気にするでもなく、平常心で行動していた。恐らく猛禽類やクマが現れたら何 […]

ニホンザルの森ー春は眠い

厳しい冬を越せた安ど感からだろうか、この暖かさでニホンザルだって眠い。新芽をたらふく食べ終わったらあとは群が動くまでは眠っていたい。そんな感じの2頭だった。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハン […]

ニホンザルの森ー見るものすべてが珍しい

産まれて数日の新生児の赤ん坊にとっては見るものすべてが興味津々だろう。人間の赤ん坊ならここまではとてもできない。ニホンザルのの新生児の場合、母猿の胸にしっかり自分の力で抱き着いて落ちることなくついて行く。またそうしなけれ […]

Powered by WordPress