Posts Tagged ‘Panasonic GH5+Kipon+HSM150-600mm’

地面を歩けないわけではありません

だからといって地面を歩かず、四六時中樹冠にいるということではありません。ある日のことヤブからヤブに移るときに地面を歩いているサルを見たことがありました。しかしやはり樹冠にいるときとは違って、あたりを警戒しながら足早に移動 […]

アカハシハジロ−2

他のかもに混じっていることが多く、湖でもなかなか単独では写させてはくれませんでした。それでもじっと待てば寄ってきてくれるときがチャンスでした。赤い嘴に茶褐色のヘルメットを被ったような頭で、遠くからでも見つけやすいと思われ […]

ヤマガラ

ブラインドに入って待っているとアカヒゲは朝早くがやはり出が良いようですが、他の小鳥たちもちょこちょこ訪れます。ヤマガラはあまりこちらが気にならないのか近寄ってくれました。お目当てはアカヒゲやルリカケスですが、ルリカケスは […]

イソヒヨドリ

この島の特徴的な小鳥の一種にトラツグミが挙げられるでしょうか。しかし便所の近所という越冬場所の居そうな場所を探しましたがなかなか見つかりませんでした。しかし移動の途中のコンビニの裏でしたが、ようやくこの鳥の姿を見かけまし […]

アカゲザル

この森に住むのはアカアシラングールだけではありません。最も多く見られるのはアカゲザルでした。日本に住む赤くの仲間です。尾はニホンの種よりは少し長く体毛はほぼ同じ茶褐色で、あまり大きな群れを作らず小さな家族単位で行動してい […]

クリハラリス(タイワンリス)

特定外来種のクリハラリスが、ミゾゴイの森にも見つかりました。既にニホンリスの姿を日本の森で見ることは難しいですが、この森でもクリハラリスが我が物顔で生息していました。カワハギなどで林業への被害も大きく、ここまで生息域を拡 […]

ヒバリ

原生花園の車道で高らかに囀っていたヒバリが砂浴びをしていました。あれだけ高いところまで上がるのですから汗をかいても不思議ではないような気がしますが、果たして鳥が汗をかくかは不確かです。ペアーで出てきては車道の砂地で砂浴び […]

ノゴマ

原生花園の中で結構賑やかに囀っているノゴマですが、今はちょうど子育ての時期でしょう。そんな訳で親鳥たちは餌探しに余念が無いようです。ベンチに腰を掛けて双眼鏡で覗いていたら、見通しの良い散茶路でノゴマが餌のミミズを掘り出し […]

ノドフズアカチメドリ

体長12cmにもみたないチメドリのなかまのノドフズアカチメドリが、群れで私の前にやってきました。動きは俊敏でとてもす速い小鳥です。なかなかファインダーの中に入ってくれず躊躇してしまいます。ちょこちょこと出てきては、アカハ […]

イスカの♀かな

この日探していたのはイスカの群に混ざっていた、ナキイスカだったのだが残念ながらイスカの群には3回ほど巡り合えたのだが、目的の個体には出会えなかった。この時期この森では夏鳥も冬鳥も見ることができて重宝なのだが、イスカの群も […]

オオワシ アザラシの肉に食らいつく

オオワシの食性は雑食性で主に食べているのが魚類だが、肉類も勿論食べている。この鉤爪のような嘴があれば、硬い皮肉も引きちぎる事が可能なのは想像がつく。久しぶりに打ち上げられたアザラシの死体を見つけたオオワシだが、そう簡単に […]

浜辺を歩けばーキタキツネとの餌の取り合い

ぶらっとどこかに消えたキタキツネが遠見でワシが下りたのを見つけて、占有権を主張するためにオオワシに挑んでいた。オオワシのこの爪で殺られたらキタキツネもただでは済まないことを知っているから、及び腰だがそれでも挑んでゆく。誰 […]

浜辺を歩けばーオオワシ

オジロワシがやってきても更に遠くで警戒してやってこないのがオオワシだ。3時間近くも200mほど離れた電柱で私を見ていた。それくらいの警戒心だが、餌の魅力にとうとう根負けしたのかオオワシもアザラシにやってきた。外に出ないで […]

浜辺を歩けばーシロカモメ

当然浜辺を歩いているのはキタキツネだけではない。空からはオジロワシやオオワシも上空から見ているし、カラスやカモメの仲間もみつける。人間が居たらまずは警戒して近づかないので何時間も車の中で待機しての撮影になる。100mほど […]

浜辺を歩けばーアザラシ

このキツネはこの辺の浜を縄張りにしているキタキツネで、毎日この浜辺で餌を探している。浜辺を歩けば魚や時にはもっと美味しいものが見つかる可能性が高い。ネズミも捕るが雑食性のキタキツネは、魚のほうが嗜好が強いようだ。というよ […]

Powered by WordPress