Posts Tagged ‘PanasonicGH4+Kipon+HSM150-600mm’

キビタイヒヨドリ

この鳥も開けた草原で見つけました。喉の黄色い模様と尾羽が特徴的なキビタイヒヨドリです。よく見るとにほん日本のヒヨドリに似ていますね。平原の樹上で賑やかに鳴いていました。アジアではどこでも見られる普通種なようです。 野生動 […]

メグロヒヨドリ

英名のbulbulはヒヨドリのことで、最初タイで何の鳥だろうと思って聞いていたが最近は英名で言われてもわかるようになりました。まさに名前の通り、目の周りが黒いヒヨドリです。タイ南部からボルネオ南部にかけての広い分布域を持 […]

ネパールワシミミズク

普通の大きな公園でミミズクを探しました。なんとこのフクロウ全長60センチという巨鳥です。北の森に棲むシマフクロウよりは少し小さいですね。しかしフクロウとなずけられるより、ミミズクと名ずけられたほうが、どちらかというと大き […]

コチョウゲンボウ

そんなスズメの群れを狙っていたのはコチョウゲンボウです。それだからこそスズメもおちおち落ち穂を拾っていられないのでしょう。コチョウゲンボウはスズメの群れ目掛けて突撃していました。ここは例の新幹線の橋脚にも近いので、コウモ […]

コミミズク−3

今度のCANONの5Rに期待を持つのは4K120fpsのハイスピード動画です。今まではどうしても2Kのハイスピードしか撮れませんでしたから、今日のような撮影時には威力を発揮してくれるのは間違いないでしょう。動物の撮影にお […]

コミミズク−2

風もない穏やかの夕方だったので思いっきりUPにしてみました。もちろん鳥に影響を与えるような近づいてのUPではありません。Panasonicの4Kカメラには、デジタルズームという機能が内蔵されています。この機能結構x2まで […]

コノドジロムシクイ

南の島の気温に慣れてしまったせいか帰ってきて久しぶりに風邪を引きました。同時期同国でc国の人がコロナウイルスによる肺炎を発症していましたから心配しましたが、まあ外れて幸いといった感じです。ここ何年も風邪など引いたことなか […]

ミノバト−2

この諸島キシから100km近く離れているためにダイビングポイントになっています。そのために観光客も当然入ってきます。今年前半までは宿泊も可能だったのですが、かのC国の人が夜間騒ぎすぎるため宿泊ができなくなってしまいました […]

アオバトの海岸

落ちているものは拾って歩く乞食のような写真家ですから、道すがらアオバトの海岸で少し撮影をしました。友人に聞いたように確かにハヤブサもスタンバイしていますが、本州でもアオバトを撮影しているので、やはり飛来数が少ないのが気に […]

出産コロニー−2

この坑の地質はしっかりしているからこそ、軍需工業の予定地として掘られたのでしょうが、既に年月は経っていますからかなりのところで崩落もおきています。そのため歩くとこには岩石がゴロゴロして、その上にコウモリのグアノが堆積して […]

出産混成コロニー

新潟の生息地でもユビナガコウモリの出産コロニーと同じ穴に、モモジロコウモリが生息していました。撮影した写真を詳しく分析してみると、やはりここでもモモジロコウモリも混じり合って生息しているのが確認できました。体毛の茶色っぽ […]

ユビナガコウモリ出産コロニー

先週見たときには数える程だったユビナガコウモリのコローニの出産ですが、その数が大分増えて150−200頭あまりに増えています。まだ生後間もなくなので体毛は生えていません。ユビナガコウモリは海辺に生息している個体が多いので […]

ツミのヒナ

なぜここのところツミが登場していると言いますと、コウモリの生息場所が直ぐそばなので、コウモリのついでに寄っている訳です。そんなわけで今日も寄ってみると、既にヒナは巣から出て近くの枝で親の給餌を待っていました。白い羽毛はな […]

ノスリ

スタジオの裏で毎年営巣しているノスリの様子を見に行ってきました。昨年使った巣で今年も営巣していました。なぜノスリ?かというと、ノスリが結構モグラを捕まえてくるので、それをと思って撮影したいわけです。今年は今のところ役所の […]

謹賀新年 2017

                  野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジア動物探検記 日本 […]

Powered by WordPress