Posts Tagged ‘PanasonicGH5 +Kipon+HSM150-600mm’

ハマシギ

すぐ近くでじっと海辺で固まっていたのがハマシギです。日本にはアラスカ等で繁殖した個体が冬鳥として飛来して越冬しています。個体間の組み換えは少ないようで同じ個体が群れを作っているようです。満潮時だったので岸辺でじっとしてほ […]

ミヤコドリ

東京は天気が続いていますが相変わらず寒いです。そういえば大寒ですものね。まあ仕方ないですが潮位が良かったので近くの海辺の公園にでかけてみました。渡りの時期ではないですがこの時期大した鳥もいないですが、堤防にミヤコドリを見 […]

トモエガモ

少し足を伸ばして違うフィールドにでかけてみました。晴れたのはいいのですが風が強く、撮影には向きません。特に動画は影が吹くとろくなことがありません。猛禽類が現れるのを待ち煽られるのを期待しましたが、三脚が風で揺れてしまって […]

ヒクイナ

タシギと同じ田んぼで見つけたのがヒクイナです。草が倒れ田中の小動物を餌にしていました。すぐ藪に体を隠してしまうのですばしこくてヤブから待っての撮影ですが、又すぐ近くの藪に隠れてしまいます。クイナも同じ仲間でここでは両種見 […]

タシギ

アオシギより小型のがタシギです。どちらかと言うとタシギの方がアオシギよりこまめに動くような気がしますが、小型のなので近くにいても見つけづらい気がします。 どちらも落ち葉の茂った中にいる小動物を餌としているようです。残念な […]

初撮り

トラの話で恐縮でした。雪害のために下山して東京にいたためスキャンできませんでしたした。この冬の雪の量は大したことはないとはいえ2m近いですが、寒さがとにかくきついです。北の森とどっこいです。もう無駄な抵抗は諦めました。そ […]

アオバズク

この時期殆どの鳥たちの繁殖が終わり気味ですが、まだ子育ての真っ最中という鳥もいます。雨ばかりの毎日でロケもままなりませんが、アオバズクの様子を見てきました。この巣も少し遅れ気味のようで、ピナが出るにはまだ時間がかかりそう […]

ノビタキ 若♂

在庫からですがスタジオの近くで撮影したノビタキのオスです。北海道で見る体色とはだいぶ違っていますが、このような鳥も身近にいます。ここは桃源郷ですから。身近にいる生き物なら毎日のfield workの中でいつもレンズは持っ […]

ヘラサギ−2

数時間待ったでしょうかようやく動き出したヘラサギです。中々数が少ないヘラサギですが毎年九州では越冬しているようです。クロツラヘラサギとは非常に似ていますが、目の周りがヘラサギは黒くはありません。またヘラサギのほうが幾分大 […]

なんと言ってもクルミはご馳走

半割にしたあとは中身の美味しい脂肪分をガリガリします。この寒さやはり脂肪分を取らないと体が持たないのでしょう。15分ほどで平らげます。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジア動物探 […]

アオジ

やはり冬鳥のアオジが目の前の枝に出てきました。前回はアリスイがいたのですが撮りそこねてしまって、同じような場所で今日はアオジがやってきては餌を掘り返していました。スタジオの周りでも群れになって残り少ない餌を採餌しています […]

ヒクイナ

クイナに似ていますがより胸が赤いのがヒクイナです。近くのヤブで撮影することができました。全長は20cm前後で全長31cm近くにもなるクイナと比べても小柄です。クイナと同じような生息環境ですが、胸の朱色がキーポイントですし […]

トモエガモ−2

手の届く距離でこのような珍しいカモが見れられるのは厳冬だからでしょうか。やはり雪かきばかりしていてはこのようなチャンスは巡り会えませんね。しかしこの目のアイラン、渋いまさに渋い。目一杯x4のデジタルで寄ってみましたがその […]

トモエガモ−1

今日は大寒相変わらずまだ寒い日が続いています。そのような中シベリア東部で繁殖して日本等に南下して越冬するのがトモエガモです。かつて狩猟鳥であった為また繁殖地での環境の変化でその数は減少傾向で激減しています。そんなトモエガ […]

クビワキンクロ ♀

冬といえばやはりカモでしょうか。今年の冬も数少ないカモが各地で見つかっているようです、クビキンもその一種でメスですが見つけたのでご馳走になってきました。探してもすぐにはどこでも見られるカモでは有りませんから、見られるとき […]

Powered by WordPress