Posts Tagged ‘PanasonicGH5 +Kipon+HSM150-600mm’

シマリス

ナキウサギを待っていると忙しいように出てくるシマリスが、その日は結構のんびりしていてカメラの前に立ってくれました。これも天気が悪いから猛禽も飛ばないからかもしれません。ナキウサギもシマリスもここにこの時期来ると幼獣を探す […]

暑中お見舞い申し上げます

いよいよ8月、カレンダーもあと5枚になってきました。大暑も過ぎましたがまだまだ暑い日が続いています。標高900m近いスタジオも昼間はまだ暑いですが、朝晩は冷えてきて肌寒い朝になりました。そろそろ暑い夏も終わりかもしれませ […]

ナキウサギ−3

イソツツジとの入れ込みを狙っているのですが、なかなか良い場所にナキウサギが出てきてはくれません。それでも待っていればこちらの念が通じたのかナキウサギが顔を覗かせてくれました。少し体毛が換毛をして毛並みが良くはありませんが […]

ナキウサギ−2

それでも雪渓の下の方のイソツツジはほぼ満開に近い状態でした。久しぶりに来たのでナキウサギが出るポイントの見当がまだつきませんでした。岩場に腰をおろしあたりの様子を見守ることにしました。こんなとき岩場を歩く方もいますが、そ […]

ナキウサギ

今年は雪が多かったのか山にはまだ雪がかなり残っていました。雪渓がこれだけ残った年も久しぶりかもしれません。夏になればこの雪も消えてしまいますから、雪渓とナキウサギを撮影できるのもこの時期だけかもしれません。しかし天気が悪 […]

サクラマス遡上

前々から撮影してみたいと思っていた場所でした。今回は夜の部の撮影場所にも近く、時期的にも合っているためにでかけてみました。聞きしに勝る水量の中サクラマスは、気温の上昇と共に遡上をはじめました。北の森ではサクラマスが最初に […]

カイツブリの親子

普通のカイツブリを見つけました。まあここで撮影しなくても本州でも見られる鳥ですが、撮影できるときがチャンスですから拾えるものは4kで撮影しています。まだ雛が小さいようで親鳥の産毛の中に隠れている姿は、とても微笑ましいです […]

オオジュリン

オオジュリンはあまり人間のことを気にしていないようで、撮影している私のすぐ目の前にやってきました。あまり近いと今度はレンズが長すぎて困ってしまいますが、何とかピントが来てくれる範囲に収まってくれました。こんな時はもちろん […]

ノビタキー1

原生花園で目に付くのがノビタキかもしれません。ノゴマと生息域が重なっているのかよく追いかけあいをしていました。広い北の森でもよい場所取りは当然あるのでしょう。花の先に留まっては縄張り宣言をしていました。本州でも越冬で見か […]

ノゴマ

この時期原生花園では野鳥たちの子育てで、親鳥たちは餌の確保で飛び回っていました。ノゴマが餌探しをしていたのは森の散歩道の草原でした。こんな時の撮影は普通はキャノンの電動ズームを使うのですが、このときはアップを狙うために1 […]

クマゲラー2

夜の撮影が終わって昼間クマゲラの場所に通っていましたが、この時雛はもうだいぶ育っているようでした。すでに親と体形はほぼ同じで見分けがつきません。恐らく3羽の雛がいるようですが、巣穴からは2羽しか顔が出せないようで頻りと顔 […]

ナキウサギ−2

それにしても天気が悪いです。特にここは標高がかなり高いですからガスも出ますし、霧雨が降っています。今年はまだ残雪も消えていない中で残雪とナキウサギも撮影可能ですが、ガスで見えません。後処理でなんとか見える画像にしましたが […]

ナキウサギ

再びと思い山に登ってはきましたが、最初当たりをつけた先日出ていた場所で待ちましたが今日の出は良くないようです。そこで少し移動して見ました。イソツツジの花の咲き具合はまだ少し早いようですが、ナキウサギの鳴き声は聞こえてきま […]

シマリス

雨が上がりそうなので、合間を見て再び山に登りました。エゾイソツツジがいいあんばいで満開に近いのですが、更に上に登ったのでまだこの辺は蕾が多いようです。まあのんびりと耳をすましていると、シマリスがチョコチョコと岩の間で出て […]

コテングコウモリがつかっていた樹洞

体が小さいコウモリたちは小さい隙間があればそこに身を隠して昼間休んでいます。今回友人の小林カメラマンに教えていただいた樹洞はそんな場所の一つで、ここはエゾモモンガも使っているそうですが、撮影の際にコテングコウモリが利用し […]

Powered by WordPress