Posts Tagged ‘PanasonicGH5+Kipon+ Canon KJ21EX7.6B’

母さんギツネの前で

海岸に掘られた巣の前で餌探しから戻った母さんギツネの前で子狐たちが遊んでいました。朝から一日この巣の前で粘っていたのでこんな風景を見せてくれます。警戒心強いキツネが私を認めてくれたからこそ見られる風景です。感謝してシャッ […]

母さんギツネが餌を見つけてきました

3匹も子狐が居たら母さんギツネも子育てが大変でした。こうして魚を見つけてきても足りるものでもありません。それでもサッさと餌を運んでは来ていました。ちょうど離乳期に当たる頃だったでしょうか? 野生動物撮影ガイドブック モグ […]

子狐3兄弟

昨年の今頃だったでしょうか?最果ての北の森で子狐兄弟を追いかけていました。あのときの子狐はどう成長したでしょうか? 玄関の冬季を乗り越えたでしょうか?今年は残念ながら行けませんでいたが、今映像を整理しながら思い起こしてい […]

ヒナコウモリ

例年9月に入ると居なくなるヒナコウモリいつ居なくなるのか確認したいのですが、連日天気が悪く確認できないで居ます。予報では北部は晴れも見えたのですが、例によって午後からまた悪天の予報。雲も厚く黒かったのですが気になってでか […]

ヒナコウモリ

ヒナコウモリの撮影に通っています。場所はいつもの新幹線の橋梁です。コウモリの出巣はやはり時計で測ったように18時48分でした。このコウモリと新幹線を写し込みたくてやっているのですがこの時通過する新幹線は1本だけ。過日は天 […]

ヒナコウモリ

立秋が過ぎたからでもないでしょうが、2週間前にヒナコウモリが出巣する時間が18:48分と早くなってきています。なかなかいい夕焼けをバックに飛び出してくれませんが、まだしばらくはチャンスが有ると思います。 野生動物撮影ガイ […]

ヒナコウモリの出産コロニー

ヒナコウモリの子育ても終盤のようで、今年生まれた幼獣にだいぶ体毛が生えているのがレンズ越しに見ることができます。この映像でもわかるように明るい体毛と暗い体毛がわかるでしょうか?5センチほどのコンクリートの橋梁にビッシリ入 […]

カワセミ−3

蓮の花の命はせいぜい4日ほどです。8月下旬頃まではチャンスはあろそうなのですが、ここにカワセミが来るかは別問題です。開花に合わせて早朝から粘っているのですがなかなかうまく会いません。それでも何カットか撮影できましたがこれ […]

カワセミ

代わり映えのない映像で申し訳ありません。狙っている映像があるのですが、なかなか撮れていません。まあこの暑さですから6時半までが勝負だと思って、通っているのですが簡単には撮影させてくれません。 モグラハンドブック リス・ネ […]

アオバズク巣立ち

先週訪ねたアオバズクですが、巣立ちしましたが非常に高いところにいて抜けず撮影はしんどいものになりました。それでも記録として残すためになんカットか回しましたが、今年はどこでもなかなか厳しいものがあります。九州の友達も枝でか […]

カワセミー蓮の実にやってきた

来たか!と思ったら蓮の実の方でした。今回の狙いの蓮の花との組み合わせですが、なかなか時間がかかりますね。8時近くになって人が出てきたため、撮影を中止しました。やはり人が出ると人間を避けますね。 モグラハンドブック リス・ […]

アオバズク−3

眠っているようには見えても巣への警戒は怠りません。鋭い眼光が不審者に対して浴びせられます。その昔埴爺がまだ九州にいる時小学校のセンダンの木の中のアオバズクのヒナを撮影中、足で思いっきり背中を蹴られたのを思い出しました。こ […]

アオバズク−2

昨年のヒナの顔出しは8月の頭だったようで、かなり遅いカップルなようです。まだヒナの顔出しがまだの成果巣の近くで、警戒をしているだけで動きはまだ見られませんでした。ようやく天気が晴れたのを良いことにこの状態で今日は記録して […]

サルの森ー子サルの遊び 180fps

いつ見ても飽きないのが子ザルの遊びでカメラを向けたくなってしまいます。日がな一日子ザルたちは遊びの中から自然の中で生きるすべを学んで行きます。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジ […]

サルの森ーニホンカモシカの採餌

遠目で見てもこのカモシカおなかがでかいですね。勿論ニホンザルも近くに居ましたが、悠々と餌を食べていました。そろそろ山で子供のカモシカを魔いられる季節かもしれませんが、スタジオの周りは緑が深くカモフラージュになっているかも […]

Powered by WordPress